少年 法 いらない。 少年法なんていらなくないですか?

裁判官は干渉はされないまでも、さまざまな情報を総合的に判断して判決を下す上での「被告人に対する世論」として意味をなす可能性があります。 少年は、将来において社会を担っていく大人になるための生育途上にあるものです。

— 駄夢Do damkosan 最も多い意見でもあります。 被害者はF子さん(埼玉県立高校の3年生・17歳)。

8

しかし、問題は凶悪な犯罪を犯した少年たち。 懲役刑の場合は、工場での強制労働が待っています。 即死刑でいいと思う。

20

殺人を犯した子供が更生すると考えられないしいらない 少年法とか真面目にいらない、人を殺したりした子供が更生できるとはとても考えられないんだけど — 腐らない しいたけ Kinokoto801 少年法はいらない・厳罰化すべきといった議論がなされるときには、凶悪犯罪が起きたときです。

7

被害者感情を優先して厳罰化がさまざまな罪状に対して行われています。 2000年「豊川市主婦殺人事件」の加害少年は17歳で、 医療少年院送付の保護処分。 なので 凶悪な罪を犯した未成年者を安易に数年で社会に放り出すのは非常に危険と言えるのです。

9

家庭裁判所は、少年を処罰するためではなく、将来の成長や立ち直りのため必要と判断した場合は、 少年院に送致する決定を行うのです。

6