河原 みのり 離婚。 河原みのりが「グラビアアイドル」から人気ライターになるまでを聞いてみた (1/4)

東京へ上京 アルバイトで貯めた 50万を握りしめ、親非公認で上京します。 シリーズ()• 改名後は『』初の女性ライターとして活動を開始し、後にからパチスロライターに完全転身。

11

その年に白夜書房で色々あって、休刊3ヶ月とかっていうのがあって。 「 おい、寝るぞッ」 「 飯ッ」 とか。

18

そのグラドルとしての活動ですが「印象に残ってる仕事:グラドルの撮影」とありますが、これはどういった印象があったんでしょうか? やっぱり印象に残ってるっていうと… そもそもカメラ嫌いだったんですよ 笑 すみません、今ガッツリとカメラ向けてますけど 笑 すみません、めっちゃ色んな角度でカメラ向けさせてもらいました -人- ごめんなさい、そういう意味で言ったんじゃないんですけど 笑 学生の頃はプリクラとかが流行っていたんですけど、それも当時は超苦手で。

男性の人はそんな姿の河原みのりさんを見ると、少し引いてしまうかもしれませんね。 「あっ! いいね〜」みたいなそういうやつですよね? そうです、そうです。 このような人柄と過去の元彼が最悪な人である反省も含め 好きなタイプは「 漢気ある豪快で正直な人」ではないでしょうか!! そしてライターになるきっかけでもあった パチスロライターのウシオさんの声が好きみたいです。

1

バンド名『タカハシ』。

19

身長の高い男性が好みだという事でした。 この頃は魅力的なボディを活かすグラビアアイドルをメインの活動としていました。

20