テイルズ オブ シンフォニア。 テイルズオブシンフォニア感想。残酷なストーリーが魅力【ネタバレなし】

ロイド達が最初に戦うことになる天使でもある。 セフィーは性格の異なる妹達を纏める為か落ち着いて大人びており、ユーティスは男勝りで負けず嫌いだが、力ある者には一応の敬意を持っているらしい。

OVAは『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION』というタイトルで5年に渡って全11話制作された。

6

ユニゾンゲージがGC版よりも溜まり易くなり、ユニゾン・アタックを出し易くなった。 コレットは1人になったところで、自分の体におきている変化に戸惑い不安を呟く。

6

2010年春に「テセアラ編」が発売。 追手から逃れるために母によって弟とシルヴァラントに送り込まれるが、そこでも迫害を受け、幼い弟を育てながら放浪する。 秘奥義 [ ] 物語が終盤になると、各キャラの秘奥義が使えるようになる。

7

言葉遣いは丁寧だが、五聖刃一の残忍な性格の持ち主。 第4巻:2011年2月25日。 人間であるクロイツ・セイジと恋に落ち子供を産んだことで、エルフから迫害される。

15

第2巻:2007年8月10日。 総督ドアを信じ、ディザイアンに表立って盾突いたため、見せしめに母を処刑されそうになり、自分もディザイアン兵に連れ去られた。

18