ブロード ライン 副作用。 ブロードライン・スポットオン猫用(2.5

体重によって、投薬するサイズの異なるブロードラインですが、過剰投与で「嘔吐」する場合があります。

10

体重によって、投薬するサイズの異なるブロードラインですが、過剰投与で「嘔吐」する場合があります。 基本的には今までのフロントライン等と同様の使い方です。

3

・ 本剤は効能・効果において定められた目的にのみ使用すること。

18

茶色のきじねこはチビ。 ・ 本剤は定められた用法・用量を厳守すること。 動物病院で処方してもらう場合は、診療代金を含め1本約2,000円ほどとなります。

POINT1. 使用上の注意を良く理解し、愛猫の体調や体重をチェックして、正しく投薬してあげましょう。 成分は同じとのことで安心しました。 用法用量のチェック、愛猫の体調のチェックをしてから投薬しましょう。

14

「生後7週齢以下の子猫には使用しない」「使用後2日間はシャンプーや水浴を控えることが望ましい」などは注意が必要な点です。 使用上の細かい注意が書いてあります。 2~3回で塗布してしまうと周りに広がってなかなか乾きがよくないので、面倒でも10回近くこまめに分けて塗布すると広がらず乾きもいいと思います。