タルト 生地 作り方。 タルトの生地は全部で3種類!特徴と使い分け方を詳しく解説

2種類のタルトレシピもご紹介しています。 バニラエッセンスを加え、白っぽくふんわりするまでよく混ぜる。 3.ボウルに冷やしておいた薄力粉を入れ、バターに粉をまぶしながら細かく刻んでいきます。

19

写真のように1cmくらいにカットして ボールに広げて室温に戻しておきます。

8

デザート用のタルト生地• 昔はパイに近い配合といわれていましたが、現在は脂肪分と糖分が少なめの固めの生地が一般的となっていて、どちらかといえばサブレ生地に近い配合です。 バター・卵は常温に戻しておく。

を外側と内側の生地の固さが均一になるように揉みます。 卵も 何度かに分け少しずつ混ぜ合わせていきます。

3

基本のタルト生地の材料 [材料] 無塩バター 450g(室温に戻しておく) 粉糖 280g 卵 150g アーモンドパウダー 110g 薄力粉 750g(振るっておく) べキングパウダー 4g(薄力粉と合わせておく) 基本のタルト生地の作り方 ちょっとこの分量だとおうちで作るには多いと思います。 粉糖を 数回に分けてバターに入れていきます。 材料 (18cmタルト型 2台分) 強力粉 150g 薄力粉 150g 塩 3g 無塩バター 130g 卵 1個 冷水 40g プロが教えるポイント 「シュクレ」と「ブリゼ」の違い お菓子のタルトにつかう「パート・シュクレ」と、キッシュにつかう「パート・ブリゼ」は似ているようで、実は全然違う生地。

6

このタルト生地のレシピはどの型でも使えます。 木ベラでグルグルグルと混ぜると、 こんな風に卵の膜で覆われた小さな塊ができます。

バターを溶かさないように、かならずキンキンに冷えた水を使うこと。 少し黄色くなり始めたくらい。 生地を型の壁に貼り付けるように押しつくていく。

10

バターの粒が見えなくなるまですり合わせます。 サクサクの食感を出すにはバターを溶かさないことが、なにより重要。 5.生地をひとまとめにしてラップに包み、薄く伸ばして冷蔵庫で3時間冷やします。

タルト生地は、生地に入る水分(卵)の量が少ないため、溶けやすい粉糖を使います。 バターを入れているように味がします。

11