ミニリンメルト od 錠。 夜尿症薬ミニリンメルトOD錠でおねしょ治療!飲み方と副作用に気を付けて

1参照〕。 用法及び用量に関連する注意• 128• wc-shortcodes-posts-gutter-space-18. wc-shortcodes-button-warning:visited,. 副腎皮質ステロイド剤 注射剤・経口剤・吸入剤・注腸剤・坐剤 プレドニゾロン 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 プレドニン 、プレドニゾロンリン酸エステルNa 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 プレドネマ 、プレドニゾロンコハク酸エステルNa 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 水溶性プレドニン 、ベタメタゾン 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 含有製剤 リンデロン、セレスタミン 、ベタメタゾンリン酸エステルNa 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 リンデロン 、デキサメタゾン 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 デカドロン 、デキサメタゾンリン酸エステルNa 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 デカドロン 、デキサメタゾンパルミチン酸エステル 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 リメタゾン 、ヒドロコルチゾン 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 コートリル 、ヒドロコルチゾンリン酸エステルNa 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 ハイドロコートン 、ヒドロコルチゾンコハク酸エステルNa 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 ソル・コーテフ 、トリアムシノロン 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 レダコート 、トリアムシノロンアセトニド 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 ケナコルト-A 、ブデソニド 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 含有製剤 パルミコート、シムビコート、ビレーズトリエアロスフィア 、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 キュバール 、メチルプレドニゾロン 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 メドロール 、メチルプレドニゾロンコハク酸エステルNa 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 ソル・メドロール 、メチルプレドニゾロン酢酸エステル 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 デポ・メドロール 、モメタゾンフランカルボン酸エステル 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 アズマネックス 、フルチカゾンプロピオン酸エステル 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 含有製剤 フルタイド、アドエア、フルティフォーム 、フルチカゾンフランカルボン酸エステル 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 含有製剤 アニュイティ、レルベア、テリルジー 、シクレソニド 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 オルベスコ 、コルチゾン酢酸エステル 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 コートン 、フルドロコルチゾン酢酸エステル 注射・経口・吸入・注腸・坐剤 フロリネフ 〔2. (高齢者) 症状を観察しながら慎重に投与すること(生理機能が低下している)。 161• ・ 〈中枢性尿崩症〉水中毒を示唆する症状(倦怠感、頭痛、悪心・嘔吐等)があらわれた場合には直ちに投与を中断し、速やかに医師に連絡すること。

16

ミニリンメルトと食事 ミニリンメルトは食後に服用すると吸収が落ちる。

4

また、治験時には舌下投与で行ったことから舌下で溶かして服用することが使用上の注意となっている。 wc-shortcodes-posts-gutter-space-12. 一般・全身障害および投与部位の状態: 0. ブリスターシートから取り出す際、裏面のシートを剥がした後ゆっくりと指の腹で押し出し、欠けや割れが生じた場合は全量服用する 錠剤に比べてやわらかい為シートを剥がさずに押し出そうとすると割れることがある。

3

1参照〕。 wc-shortcodes-image-link-style-format-column. 4. 〈効能共通〉夜尿症及び中枢性尿崩症の治療における水分摂取管理の重要性を考慮し、本剤は水なしで飲む(なお、本剤は口の中(舌下)に入れると速やかに溶ける)。 用法及び用量に関連する注意• 夜尿症は飲水制限が必要であることから本剤は水無しで飲むことの注意喚起がされている。

2

・ 他院や他科を受診する際には、本剤投与中である旨を担当医師に報告すること。 wc-shortcodes-posts-template-slider2. 習慣性多飲症• wc-shortcodes-posts-gutter-space-10. 過度ってどのくらいだろう? 水分摂取の管理について 2~3時間前までにコップ1杯(目安250cc)までなら大丈夫であろうとのこと。

12

口渇中枢異常を伴う症候性尿崩症の患者では水出納のバランスがくずれやすいので、本剤投与中は血清ナトリウム値に十分注意すること。 wc-shortcodes-posts-gutter-space-17. ・ 〈夜尿症〉夜尿症の場合、就眠前の排尿を徹底し、指示された投与量を厳守すること。

15