Pcr 利権。 コロナ治癒後の念のためPCRはやってはいけない|Dr.和の町医者日記

45才未満の人は落雷で亡くなる人より少ない。

20

ヒドロキシクロロキンは治療薬として効果があるが、なぜか禁止されている。 これによって、自覚症状を持ちながらも検査を断られる事例が多発。

4

政府がコロナ対応病院を守ろうともしていないので、一般開業医がこのように考えても強く批判する気にはなれません。 インフルエンザ同様、コロナも抗原検査キットでの大量検査を推進• もう1つ大事な情報があったのですが、長くなったのでまた次回につづけます^^ 最後におまけ 最後に、最近ある本を読んでいて僕もびっくりした話があって、Youtubeにアップしたのでシェアしておきます。

20

いまだPCR検査の「陽性」が「感染」であることを証明できてません。 PSS社の田中英樹・取締役総務部長がこう言う。 基本チャラチャラですが夢中になるものに関しては合理的に真面目にやります。

18

しかし、孫氏は諦めていなかったのだ。 抗原検査で1日20万件も検査を行えば1日1,000件以上の偽陽性が出ると想定されます。 あくまで有症状の人だけでいい。

20

山岡:レムデシビルはギリアド・サイエンシズ社がエボラ出血熱を対象に開発を進めた静注薬(点滴)です。

なぜインフルエンザではスタンダードであったはずの抗原検査がコロナではここまで軽視されているのでしょうか?それはPCR検査利権と考えるのが自然 PCR検査で利権を得る者たちが、WHOとウラで繋がっていないのか?FBIが捜査すべき案件です テレビ好きのお婆さんですけど、またしても何チャンネルか不明ですけど、4チャンネル化6チャンネルとおもいます。

16