薬屋 の ひとりごと 小説 ネタバレ。 薬屋のひとりごと小説・文庫 最新刊10巻までのあらすじまとめ │ マンガの日々。

でも内容も薄い事もなく、普通に面白かったです。

羅門は「憶測でものを言っちゃいけないよ」と常々言っているタイプ 自分の気持ちを曖昧にごまかし、望む反応がないからといって、2人の名前をわざわざ出す。 しかし羅門が釘を刺すように言った。

7

護衛として宦官が二人つくのでけれど、紅娘と一緒に猫猫もついていってほしいと言われます。 「どうしてあのまま死なせてくれないのか」 梨花妃がか弱い声で猫猫に言う。 子の一族の反乱もおさまり平和な日常が返ってきたかと思われた猫猫の日常でしたが、猫猫はやはり謎の事件や問題に巻き込まれることになり物語は動き続ける。

8

30日間無料+600円分のトライアルポイントで薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~がいますぐ無料で読めます。

13

呼び出しを受けた女官達は皆文字を理解出来ておらず、壬氏が見せた文字にも不思議そうな反応をしていた。 この状態は非常に面倒だった。 ここまで言われたこともない壬氏は当然驚きますが、すぐに表情を変えました。

7

症状は、頭痛、腹痛、吐き気• ドジョウ髭の小太りな宦官。 ポイントをためて薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~が最大3冊無料で読めます。 1k件のビュー• , 省略されたり謎のままだった部分、状況や心境なども小説には詳しく書かれていて、妄想が広がります〜。

3

しかし持ち前の好奇心、薬学の知識がそうはさせません。