佐世保 小 六 女児 同級生 殺害 事件。 佐世保小6女児同級生殺害事件

親による虐待に由来する親への無意識の殺意という問題から目をそらしては、この事件の真相が見えないのはあたりまえである。

14

辻菜摘は小説が好きで、中でも「ボイス」や「バトルロワイヤル」などのホラーや殺人など残虐性の強い作品を特に気に入っていたようです。

だからこそ心理学・精神分析学の手を借りて、犯罪を起こした子供本人の問題に矮小化し、彼や彼女たちを少年院に隔離し、専門家による心理療法を受けさせることもなく、ただひたすら「社会の規則」に適応させるための「贖罪教育」で犯罪者は矯正されたと強弁するのである。 今回の子供が子供を殺すという事件の背後にも、親による「しつけ」という名の虐待があったことは明白である。

8

ほっとけばいいや。 さらに「私、どうなっちゃうの. A子のホームページの日記にはクラスメートに対する日頃の鬱憤が吐き出されていた。 以前から自分の体重を気にしてホームページにも「減量するぞ!!」と書いていたA子は、自分が「太っているといわれた」と思い、怜美さんたちに文句をいったが期待した反応はなく、さらに掲示板でも文句を言ったが、それにたいして怜美さんから「ぶりっこ」と書かれた 毎日6月4日。

12

御手洗怜美さんのちょっとした冗談が辻菜摘を激怒させる この御手洗怜美さんの反論に対して、辻菜摘さんは交換日記上では、特に反応しなかったそう。 彼女を鑑定した精神科医らは「絵や字を見て知的に問題なく、むしろある部分で非常に発達した能力があると思ったが、問診の結果、年齢相応の基礎知識が欠落していると分かった」と話している。 午前中にこのメモが加害者に届けられた。

18

被害者は学校では映画研究クラブに所属しており、それに加えて加害者と同じ大久保小学校のミニバスケットボールクラブにも入っていた。

7