自 閉 症 走り 方 特徴。 自閉症とは?症状・特徴や子供との接し方・行動リスト|LITALICOジュニア|発達障害・学習障害の子供向け発達支援・幼児教室|療育ご検討の方にも

〈コミュニケーションの障害〉 自閉症の人はコミュニケーションの質的な違いがあります。 例えば、カレンダーを使って何日には何がありますということを知らせたり、一日の流れをスケジュールにして、視覚的にわかるようにしたりすると、とても安心して過ごせます。

このため、あるシチュエーションを設定し、その役柄を演じるという「ごっこ遊び」が難しく、楽しめない場合が多いようです。 また、障害を持った人にとって声を出すのはコミュニケーションの一環であり、何らかの意思表示であるということを忘れてはいけません。

8

・常同行動(手をヒラヒラさせる、ピョンピョンはねる、ぐるぐる回るなどの行動)を繰り返す。 2-1-1.学校でよくある行動 自閉症の症状には個人差がありますが、学校生活においてよく見られる行動には以下のようなものがあります。

自閉スペクトラム症は、<スペクトラム(連続性、境界が曖昧な)>という言葉にも表れているように、その症状の現れ方や困り感はお子さんによって千差万別です。

9

母:周囲と自分の違いがわかるんですね。 声で訴えや感情を出せるのは、コミュニケーションを行ううえでとても重要なことです。

13

いわれたことをそのまま繰り返す「オウム返し」をすることが多いのも特徴です。 その中でもこだわりが強くあったものがあります。 自閉症スペクトラムの中核的な症状は、対人関係の障害と言えます。

14