ゴーヤ 栽培 方法。 ゴーヤの育て方

このほかにも、親づるも子づるも伸ばして3本仕立てにするやり方もあります。 うどんこ病になると、株全体が生育不良になってしまうため、早めの対処が必要です。 定植の前にはポットごと吸水させておくか、定植した後にたっぷりと水をやってください。

ゴーヤーとは ゴーヤーは、独特の苦みを活かした沖縄の炒め物料理ゴーヤーチャンプルーに欠かせない野菜で、夏の食欲増進に役立ちます。 本葉が5~6枚で定植し、株間90cm程度、ツルを誘引するための仮支柱をたてておきましょう。 新芽が傷んだり黒く変色していないもの• 本葉が5枚まで育ったら摘芯をし、子ヅルと伸ばしていきます。

11

元気なゴーヤのカーテンを仕立てるためにも、 収穫量を増やすためにも、摘芯は大変重要です。

トラブル・生育不良 ゴーヤ栽培によくある、トラブル・生育不良などをまとめています。

夏に一気に大きくなるゴーヤはその分栄養分が必要で、 できれば、植え付け1か月前に用土を配合し、熟成しておきたいものです。 よく聞く名前である 有機野菜と言ったものに特に拘りが無ければ、化学肥料を用いるのが無難と言えます。 時期を逃すと、1日で熟れて黄色くなったり、実が破裂してしまいます。

10

ゴーヤの追肥のポイントは以下のような感じです。 水やりをしっかりします。

6

本葉が5~6枚になるまではポットで育て、水やりは土の乾燥がひどい時に行います。 緑のカーテンに仕立てると、葉が直射日光を遮り、 夏場のエアコン代の節約にも役立ってくれます。 大きく育つ分、根もしっかりと張るので、 プランターは大きなものを選ぶ必要があります。

11

連作障害に注意 ゴーヤは 作物連作障害があるため、同じ場所に植える場合は必ず 2〜3年の栽培間隔を取りましょう。 肥料の与え方 植え付けから20日くらい過ぎたら肥料を与え、その後は3週間に1回くらいのペースで追加します。

7

つるが張っていくために、ネットなどを用意します。 種を水分につけて1週間くらいで根が少し出た状態でポットにまくのも育てるポイントです。 熟して黄色くなったものをそのままにしておくと、1日で裂果します。

5