ジャパン タイムズ。 ジャパンタイムズ

Webサイトでは全訳を掲載するほか、購読者向けにリスニング等のエクササイズを提供 本物の英語とは何かを、水野氏は分かりやすい例を挙げてこう説明してくれた。 2019年7月1日、株式会社ジャパンタイムズの出版事業部門が独立し、 「株式会社ジャパンタイムズ出版」が創業いたしました。 The Japan Times• 海外生活に関するガイドブック(「」など) 英語・日本語教材 [ ]• さらに、その横には編集長からのメッセージを毎回添え、学び続ける動機づけとしています」 『The Japan Times Alpha』の紙面イメージ(表紙)。

20

ロイター、2019年1月25日• 英字新聞の定期購読比較。 『ジャパンタイムズ』が守ってきた信頼性をコアバリューとし、さらにデジタルの世界での可能性に挑戦します」 とはいえ、日本人でこの英字新聞を読んだことのある人はそう多くないだろう。

1

そこでは外国籍の子どもたちとの交流などを通じて、活きた英語を体得することができる。

10

今回はオンライン配信の様子をスクリーンに投影いたします。

3

そして占領期を経て高度経済成長期から現在に至るまで、ジャパンタイムズは、それぞれの歴史の節目において、わが国唯一の独立英字紙として、日本の現状と世界の動向を国内外へ報道することを使命とし、その役割を果たしてまいりました。 「日本人的な物の考え方は、決して言われているようにネガティブなものだけではない。 明治30年(1897年)創刊、120年以上の歴史に裏付けられた、多様性と独自性を兼ね備えた国内外の記事を、24時間体制でお届けします。

2

ニューズウィークは全世界2500万人に読まれている英字新聞です。

12

お問い合わせは. 「海外から日本がどう見られているのかだけでなく、その前に我々がどう発信しなければならないのかということにも、もう少し目を向けていただきたいと思います。 ジャパンタイムズSatoyama推進コンソーシアムは、「地域にある資源、知恵を活かし、そこから新しい価値を生み出す」という活動を広く内外に発信している。

5

「我々が提唱するのは多読というスタイルです。 早稲田大学大学院理工学研究科を修了後、『日経ビジネス』の記者・編集者としてニューヨーク支局長も務めたビジネス分野のエキスパート。

16

長い歴史を通じて培ってきた信頼を基に、政治や経済だけでなく日本の文化や魅力についても、英語という国際語で伝えることができるからだ。 記事の一部で動画を配信している他、PODCAST: DEEP DIVEコーナーではトレンド情報や最新トピックをお届けする記事を音声でご提供しています。 さらにバックページには、英語を身に付けて飛躍した、読者の手本となるような方々のストーリーが読めるインタビュー欄を設けました。