ぶり の 照り 焼き フライパン。 「ブリの照り焼き」を5分ちょっとで照りっ照りに焼いてみた【魚屋三代目】

そのままで4〜5日、火入れしたら10日ほど持つので、多めに作っておくと便利です。 お魚料理はちょっと面倒なイメージがあるもの。

10

途中2〜3回上下を返して、味を均一にしみ込ませます。

6

黒ずんだものは、酸化して鮮度が落ちているので避けましょう。

ブリを取り出したフライパンに、合わせておいた(A)のタレを加えます。 フライパンに残ったたれを全体にかけて出来上がりです。

5

蒸し焼きにすることでタレの蒸発を緩やかにし、切り身に付いたタレが蒸されることで照りが強く、味もしっかり付きます。 なす 1本• 醤油(醤油洗い用)…大さじ1• ふたをして中弱火~弱火で2分、焦げつかないよう、タレの様子を見ながら火の調節をしましょう。 まずは照り焼きに向いたぶりの選び方と、臭みを抑えるポイントを知っておきましょう。

12

途中、火が強いようなら弱める。

9

ぶりに塩をふって5分置き、水気を拭き取って片栗粉をまぶす。 付け合せに菜の花 お好みで(塩を加えたお湯でサッとゆでて冷水で冷やしました) (A)• 「片栗粉をまぶすことでタレがよくからみ、照りが増すという効果が。

3