Ao クーラー。 保冷力はハードクーラー並み!? 大人気AOクーラーを徹底解剖!|BE

ナイフやカッティングボードなど、調理ギアをいれておくと便利。

使うときは 事前に保冷剤などで内部を冷やしておくことがポイント。

1

触った感じはシリコンとビニールの間のような感じ! 今までいろいろなソフトクーラーをお店なんかで触ってきましたが、 AOクーラーは衝撃的に分厚いです! 厚みが1. 3kgの氷』が目安の容量となるクーラー!! サイズとしてはかなり大きな45. 使い勝手の良さが光る、ビニールシリーズ 今回紹介するのはAOクーラーの中でも人気が高い「24パック ビニールブラック(24Pack VINYL Black)」。 その理由は断熱性で、この厚みです。

10

もちろん横は問題なく入ります。 保冷バッグを地面に直接置いてしまうと熱が伝わって底から温められてしまい、保冷力が下がる原因になってしまいます。

20

バックルを開放してると大きく口が開いてくれるのですが バックル留めてるとちょびっとしか開きません。

7

AOクーラーズは様々なタイプや容量の保冷バッグを販売していますが、今回ご紹介するのはAOクーラーズの中でも定番モデルの 「24パック」です。

5

2層目、3層目には軽量化と結露を防止するポリエチレンフィルムに、高い保冷力のキモである 19mmもの高密度ポリエチレンフォームを重ねている。

9

保冷力が抜群 触った感じだけでも相当分厚く感じました。 イメージを覆す!タフなソフトクーラーがDUCKNOTより登場! 今回DUCKNOTより 「バックル ソフトクーラー12」「バックル ソフトクーラー24」の2サイズ3色のソフトクーラーが登場しました。 保冷剤や置き場所は自分がある程度管理するとして、特にファミリーだと蓋の開け閉めを少なくするのが一番難しいので、どうすればよいか?また調べます。

11

保冷力重視ならハードクーラーの出番ですが、我が家の「 マリンウルトラ54(イグルー)」のような大きなタイプだと、軽快に持ち運ぶことも、乗車スペースに置くことも厳しい。 触ると本当に分厚いです。 おそらく保冷力アップのためです。

2