ロジクール g512。 ロジクール「G512」を “はじめてのゲーミングキーボード” にしてみたら快適すぎた話

使われているキースイッチは「GX Blue クリッキー」「GX Red リニア」「GX Briwn タクタイル」。 掃除もしやすい。 0対応• そのため、音を気にすることなく、青軸のように抵抗感(跳ね返り感)が大きく、打つ爽快感を楽しめるスイッチといえそうです。

11

高価なキーボードだが、決してキーボードガチ勢にしか扱えない仕様というわけではない。 ROMER-G タクタイル• 5mmあります。

3

『PRO X(G-PKB-002)』の方は、別途キースイッチだけ購入することで、青軸相当から、赤・茶軸相当に換装することのできるキーボードです。

8

1回の計測時間は2分となっており,今回はキーボードあたり15回の試行を行って,「キーの入力が入るまでの所要時間」と「ミスの数」の平均値を計測する。

10

GLクリッキー• ワイヤードマウスのケーブルは,PCの設置位置など環境によっては長さが足りなくなったりして変な方向にテンションがかかったり,あるいは何かにケーブルが引っかかったり絡まったりするなど,マウスの操作を阻害する要因となることがままある。

16

配置されたキーフレームの端をドラッグしてライトが変化するまでの時間を,右上の色と波線を下のキーフレームにドラッグ&ドロップすることで発色と変色のパターンを変更可能 「フリースタイル」でキーの色を左から赤,橙,黄,緑,白,水,青,紫,桃と変えたところ。

5