切開法 失敗。 目頭切開法の失敗・修正・再手術【失敗確率5項目グラフあり】

ここでは、目頭切開で起こりうる失敗について具体例を紹介しましょう。 広く作るとかえって肉厚に見えてしまい、求める方向と全くの逆効果になってしまうこともあるからです。

8

また痒みなどの症状が仮になかったとしても、普段の通常の洗顔・メイクオフで上瞼に触れる時も出来るだけソフトタッチを心がけるにこしたことはないでしょう。 整形失敗の原因は… ダウンタイムの長い1年間は、これまで生きてきた中で、肉体的に精神的にも最も辛い日々でした。 平行型になっていない 術前のシュミレーションを行えば、予想に反して平行型にならないというケースは希です。

狭い方を広げる。 涙腺のvolumeが異なる• 違和感のある目元になる 目頭切開をしたばかりの頃はバランスの取れた綺麗な目元。

少しの盛り上がりならフラクショナルレーザーで平坦になるように調整。

11

眉毛が下がるとまぶたの皮膚も下がってくるため、まぶたに新たなたるみが生じる場合があります。 また、患者さんが緊張していると瞼にギュッと力が入ったり、弛緩したりを繰り返したりするので計ったラインの幅の数字が次々に刻々と動いて変化してしまっていたりするので、いずれにせよ定規を使ったからと言って、左右を完全に合わせてデザインすることは不可能ということになります。 小鼻縮小術の外側法は傷跡が目立ってしまう可能性があります。

9

ですので、目頭切開法の失敗を回避するためには、技術が高い病院・先生を選択しなければなりません。 できるだけ自然に見えるように修正を行いました。

18