イソガニ 飼育。 イソガニの飼育での産卵方法について

ライターの火を遠目から当てて角を丸めても良いかも。

11

局所的に加温する小動物用のシェルター式のものは、 乾燥してしまうのでカニの飼育には利用できません。

20

現在イソガニを飼育している水槽サイズが分かりませんが、カニだけでなく魚も飼おうとするのであれば、必要な水量と濾過能力が格段に大きくなることを念頭に置いておいた方が良いです。

9

いずれにしても、海の魚はカニの延長で飼育するには難易度が高いので、例えばプラスチックの虫かご的水槽で飼育していらっしゃるのであれば、魚を飼うための設備投資がそこそこ必要になるのは間違いありません。 川の清流がきれいなのは水が動き、水中に十分な酸素が溶け込んでいるから。 メジナやボラの幼魚ならアゴハゼ並みに丈夫ですが、半年~一年で20cmを超えてしまいますので、あまり現実的ではありません。

17

砂もフィルターも汚れた水がスムーズに通過してこそ浄化や濾過として機能するのであって、びっしり目詰まりしていたのではバクテリアがエサである汚れにありつけません。 それから、海生カニの場合は 水位に注意してください。 動物質のエサとしては、 魚やイカの切り身、乾燥エビ、シラスなどが候補として挙げられます。

イソガニを飼うにあたって一つ気を付ける事は、一つの水槽で複数飼いせずに一匹だけにした方が良いみたいです。 そのため、エサは 動物質のものと植物質のものをバランスよく用意しましょう。

2

写真のヒライソガニは、水槽に入れてもすぐに物陰に隠れてしまうやケフサイソガニ類とは違って、外から見える開けた場所に出ていることも多かった(基本的にヒライソガニも障害物の影に隠れるカニだと思うが)。 水槽は? 我が家では10Lタイプの立方体型の小型水槽を使用しています。

9

メスが無精卵を抱えた場合は海水を予め用意しておいてあげてください。 ウォッチングしたあとで、海に行く機会がったら、海にはなしてあげよう。 なるべく本来の生活環境に近い状態を作ってあげなければ行けないのですが中々難しいと思うので、ペットショップなどに置いてある人工海水を使ってあげると良いですよ! 水の量は軽く石がつかるくらいで、後はイソガニが隠れる場所や砂などを敷き詰めてあげて下さい。

5

しかしちゃんと飼いたいなら、やはり通常の水槽設備が欲しい。 。