次期 フォレスター。 次期スバルXV フルモデルチェンジ最新情報&予想!2023年アイサイトXやTHS搭載の可能性は|MOTOR NAVI

このあたりもSGPの恩恵で、インプレッサの印象に近いと感じた。

18

Advanceグレード(e-BOXER搭載):18. サスペンション取付け部分の剛性向上&緩衝性能の充実化により滑らかで路面に吸い付くような乗り心地• <新型XVのボディサイズ> 旧型 新型 全長 4,450mm 4,465mm(+15mm) 全幅 1,780mm 1,800mm(+20mm) 全高 1,550mm 1,550mm とやや拡張されています。 長くなると半年なんてこともあるので早めに契約するようにしましょう。

7

電動パーキングブレーキ(オートホールド機能付)を採用• 伝統を守りつつe-BOXERや顔認証など先進機能も採用 新型フォレスターは、外観こそキープコンセプトなものの、従来のフォレスターの伝統を受け継ぎながら、その中身はプラットフォームやパワートレインなどの多くが刷新されている。

15

ハンズフリーオープンパワーリアゲート(予想) 現行フォレスターには、ボタン一つで開閉できるパワーリヤゲートが採用されていますが、新型レヴォーグに採用された「ハンズフリーオープンパワーリアゲート」が次期フォレスターにも活用されると予想。 6Lグレードの追加によって、これまで以上にシェア拡大を狙うことができます。

16

スバルは、欧州での中核モデル3車種の『インプレッサ』、『XV』、フォレスターに、マイルドハイブリッドの「e-BOXER」を設定済み。

11

筒内直噴 DI 化と高圧縮比化によって出力性能と実用燃費を高めている スバル新型フォレスター フルモデルチェンジ後の燃費性能 スバル新型フォレスターの 燃費性能は、• 自動ブレーキなので「止まる」ことはいいことなのですが……(笑)。 多くのメーカーからクロスオーバーSUVが発売されましたが、基本的なスタイルは継承されています。

2

ヘッドライトのデザインは、ボクサーエンジン内を移動するピストンをイメージしたC字型とされ、六角形のフロントグリルと組み合わせ。 足回りもブレーキもしっかりしているのでかなりの運動性能が期待されます。 このe-BOXERは、先代インプレッサに搭載されていたものをベースに改良が施されている。

20

どの車速域からでもリニアな加速が可能な「スポーツモード(S)」。 アルミホイールに関しては19インチとなっていた。 リアサス周りでは、リアのスタビライザーを車体直付けにしながら剛性そのものを上げることで、非常に直進性の高いリアサス周りができている。