小保方 さん。 STAP細胞騒動で自殺した笹井芳樹教授 妻が語る小保方晴子氏への思い

政府が最高レベルの研究を目指して新設する「」に指定される見込みだった。 朝日新聞デジタル 2017年2月10日付• ハーバード大学学部長賞を2度受賞。 、 卒業。

1

事件後に発表した手記『』はベストセラーとなった。

18

その後、紆余曲折を経て当時の研究部門だけが分離し、1958年に特殊法人「理化学研究所」として以前の名前が復活した。

早稲田大学の理工学部卒業後は、東京女子医科大学の研修生となり、再生医療の研究を開始。 あるとき小保方氏はロス氏に、「日本では、女性研究者は二流扱いなの。 それが本当だとしたら、 一矢報いてもらいたいものですよネ〜! まとめ 関連記事はコチラ いまだにSTAP細胞の真実については 完全に「真相は闇の中」状態ですが、 辛さを乗り越えて、再び姿を見せた 小保方晴子さん。

6

2016年1月27日時点の [ ]よりアーカイブ。

8

果たして彼女は今、何をしているのだろうか。 なので、洋菓子店と印税収入を合わせると、ざっと年収400〜500万円ぐらいに跳ね上がり、結果的に人並み以上の生活は送っている感じですね。

9