おう し 座 下半期 2019。 【YATAのラグナ占星術】2019年下半期 ふたご座の運勢

11月5日以降の特徴は、様々な事柄が全てが一方的に「向こうからやってくる」という事。 健康については12月から1年くらいの間続いていく、しし座の2020年の主要テーマのひとつです。 t-error VG2018-global-footer. この変化はあなたの予想しない所から起こり、一方的で津波のようにあなたを飲み込んでいくタイプのものなので、変化が起こるときは一瞬にして大きく変わるでしょう。

s-header-logo svg:first-child, VG2018-global-footer. この星巡りの年は贈与や相続によって裕福になるとも言われていますので、もしかしたら親族の中で大きなお金の流れがあるかもしれません。

17

しし座の人々は元来、確かな自己肯定感をお持ちの人々であり、愛されている実感がないと安定感を得にくいということはありません。 福の暗雲は立ち込めたまま。 5;color: ef4626;font-style:normal;letter-spacing:. ある程度年齢を重ねれば、自分にできること・できないこと、年齢や性別によるキャリアの天井といった先の見通しが立ってくるものですが、その枠のなかだけで考えていると小さくまとまってしまいますし、何よりとてもつまらないと思われることでしょう。

18

グズグズ抜けない疲労や風邪などの不調は、生活改善を促す星のシグナル。

カップルは恋から愛に変わるような、本質的な変化をこの時期に経験するのでしょうし、恋を探している人にはあなたがあなたらしく好きなものを楽しむ姿に、惹かれる人がいそうです。 この年末に出会う相手は、非常に高い目標を持ち脇目も振らず一心不乱に突き進む、イノシシタイプ。 t-single-cs VG2018-global-footer. 自分のために、自分に決めさせてあげましょうね。

今年は安定した金運であるものの変化は少なく、収入を上げるための仕事運についても自分の意思で流れをコントロール出来ない時期に当たるので、今あるお金を守るという意識が強くなり、お金に対してシビアになりやすい年と言えそうです。 また、射手座に木星と土星が同室するというタイミングは、実におよそ120年ぶり。 私は精神的にゆとりがない時にお金に対する大きなジャッジをしてしまうと、それはやがてマイナスの作用となる可能性が高いのです。

19

何事も時には大変革が必要な時期というものがやってきます。

12

t-module-cs VG2018-global-footer. その点、 2019年下半期は、あなたがこれまで無意識のうちに追従し、過剰な価値を置いておもねってきた権威からいかに逃れ、どうすれば社会でもっと自由に生きていくことができるかということに、真剣に向き合っていくことになるはず。

19

2019年上半期から今までの関わり方は「対等」であることに幸運がありましたが、今年の11月以降およそ1年間は、基本的に「受け身」でいてOKな時期です。 仕事運 2019年の下半期のおうし座の方の仕事を見ていくと、新たなラインを描くのにとても良い時期ということが言えるの、今までの延長線上ではなく新しいことにチャレンジすることを意識してみましょう。

17