守屋 浩 本間 千代子。 守屋浩さん死去…裏方でも活躍、腹を立てても「口汚い言葉を使わない立派な人」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

そこでや、、などの人気と共演させると決まってを飛ばされるため、女性ファンから反感を買った。 守屋浩が81歳で亡くなったというので本間千代子と結婚していたはずと思い、チェックするともうとっくに離婚していた。

15

』以降は干された状況になった。 大川博東映社長は早くから、最終的切札として岡田と今田の両輪で、東映の映画部門を担いたいと考えていた。 その後ポリドール児童合唱団に所属し、1951年(昭和26年)1月にはから『けんけん小雉』『お菓子の汽車』が放送される(同合唱団にはがいて、その後も友好を保つ)。

5

突然の訃報に驚いた方も多いと思います。

大手芸能事務所ホリプロの第1号タレントで、1960年からNHK紅白歌合戦に4年連続で出場。 の音楽を担当していた義兄のの勧めで 以下、東映東京 に出入りするようになり、「かわいい子が来てるじゃないか」と所内で評判となり 、山崎真一郎東映東京所長の知遇を得て、(昭和33年)8月の第1期生となる。 マゾちゃん• 岡田所長が"不良性感度"を標榜し 、これを体現するや、、、らを好んで使い 、本間を"善良性"の強く見られる女優と評したため 、役に恵まれなかった。

(昭和38年)9月タクシー乗車中に交通事故に合い額を切るなどで10日間入院するがその後復帰。 赤岡典明• 坪井与も「映画界が厳しい今の時代には、映画の企画や営業は若い人がやるべき。

20

までやった『夢のハワイで盆踊り』は興行的に惨敗。

20

中間発表の段階では、吉永を押さえて1位になるケースもあった。

Basco• 谷拓哉• 「夜の口笛」()を収録。 北浦寛之『テレビ成長期の日本映画』、2018年、134 - 153頁。 すぐに監督の児童向け映画『六人姉妹』に出演。

9

守屋浩さん亡くなられたのか。 (1968年) - 千代子• 引退後はホリプロで宣伝部長、文化事業部長などを歴任。 岡田所長が"不良性感度"を標榜し 、これを体現するや、、、らを好んで使い 、本間を"善良性"の強く見られる女優と評したため 、役に恵まれなかった。