差し支え なけれ ば。 「可能であれば」の意味とビジネス敬語、類語「差し支えなければ」との違い、英語を解説

『差し支え』は都合の悪い状態のことです。 少々言いにくい内容のときでも、相手に失礼な印象を与えることなく伝えることが可能なので非常に便利な言葉になります。 都合が悪くないか、教えてもらっても問題ないかを確認したい時は「差し支えなければ」を使うのが最適です。

「よろしければ」を使うことで、強制ではなく相手の意思を尊重する表現になります。 これを否定するのが「差し支えない」ですので、やはり「問題がない」ことを丁寧に強調している言い方だといえます。 「よろしければ」の類語・言い換え 「よろしければ」の類語「差し支えなければ」 「よろしければ」と似た意味の表現は「差し支えなければ」です。

14

「差し支えなければ」は相手に何かを求める時に使う言葉です。 しかし、先に述べたように「ください」の部分しか敬語になっていませんから、受け取る相手によっては「丁寧さに欠けている」と捉えかねません。 このように「差し支えなければ」は、相手に配慮した表現になります。

10

com さらに「お」を付けて、「お差し支えなければ、」と表現することも。 {例} Could you draw the curtains a little? 折角ですが• よろしければご参加ください。 「差し支えなければ、」が基本的に個人に対して伝えるケースで使われますが、「差し障りなければ」では会社などの団体を対象として伝える際に用いられます。

「差し支えなければ」の類似表現と使い分け 「差し支えなければ」、は他の言葉に言い換える事もできます。

17

お願いするときに用いるからこそプレッシャーにならないように「いつもより丁寧な言葉遣いを」と考えて「お」を使ってしまいがちです。

13

仮定の条件を表しており、「もしもないのなら」を意味します。

1

そこで適切なのが「可能であれば」という表現です。

16