帝国 主義。 帝国主義

政治面からの説明としては、の発展によって化したヨーロッパ諸国が、国家の威信を上げ民族としての自尊心を満たすために拡張主義を取ったということが言える。

すでに説明してきたように、植民地体制の変化をふくむ現在の世界情勢の変化のもとでは、独占資本主義の国でも、帝国主義的でない政策や態度、つまり、非帝国主義的な政策や態度をとることは、ありえることです。 国は、アフリカなどの後進地域に鉄道を建設していきました。 こうなったとき、 語り方はますます大衆に届かなくなり、狭いサークルの内輪にこもるようになる。

17

「南北・南南問題」p13 室井義雄 山川出版社 1997年7月25日1版1刷発行• しかし、帝国主義的な民族抑圧と政治的・経済的支配の強化は、これらの運動を拡大強化しており、その点で帝国主義は「社会主義革命の前夜」となっている。 曰く、フランス革命とナポレオン戦争を契機に形成されたヨーロッパの国民国家は有産市民に自由経済を保障し、産業革命という技術革新を実現することと相俟って、資本主義を急速に発展させる。 「パナマを知るための55章」p98-100 国本伊代・小林志郎・小澤卓也著 明石書店 2004年8月31日初版第1刷発行• そして、そもそも戦争は本質的に予想外の危険を持ち、資本家にとってリスクの大きい事柄であるとしました。

10

そして 「危機」を待望するようになり、将来、危機がやってきて小市民的幸福を打ち壊された大衆が、「あああなたの言う通りだった」とひれ伏してくることを夢想するようになるのです。

3

「アメリカ帝国」(?)の衰退 第二次世界大戦後の東西冷戦構造がソ連邦崩壊によって終焉を迎えたとき、世界は「アメリカ帝国」による一強支配の時代に入ったと思われた。 やがて日本へ進出してくることになれば足掛かりになるのは朝鮮半島です。 Lenin, Vladimir Iliich; 聴濤 弘(訳) 1999 、『帝国主義論』、新日本出版社。

5

ドイツやイタリアといった、いわゆる「遅れてきた」列強も、自国の充実した国力の証明としての対外進出と植民地獲得を目指していた。

14

山内 昌之 2004 、『帝国と国民』、岩波書店。 帝国主義の段階に入って資本主義の基本的矛盾は著しくなり,国内では階級対立が激化し軍事体制が強化され,また帝国主義国と植民地・従属国との対立,先進国と発展途上国の対立,国際市場の争奪戦等が激化した。 では、なぜアフリカの国境線が直線なのかというと、ヨーロッパの列強たちが勝手に相談しあって地図の上に定規で国境線を引いたからです。

20

一方、スペインはポルトガルとは逆方向のメキシコから太平洋を越えてアジアに進出し、1529年にフィリピンの領有をした(皇太子フィリップにちなみフィリピンと命名)。

当初はロシアが勝つと思われたこの戦争ですが、この戦争をきっかけにロシアの民衆の不満が爆発します。