どん底 作家 の 人生 に 幸 あれ。 『どん底作家の人生に幸あれ!』【3/26~】

現代の英国社会の多様性を反映するキャスティングでディケンズの名作を撮り直した本作も、その王道を行っている。 Lang, Brent 2019年7月23日. これから、ますます楽しみな役者ですね。 デヴ・パテルは『ホテル・ムンバイ』『スラムドッグ$ミリオネア』などで知られる俳優でインドの俳優に思われがちではあるのだが、両親がインド系移民であるだけで、デヴ・パテル自身は生まれも育ちもイギリスの正真正銘のイギリス人なのだ。

20

一見変わった人だけれども心優しい伯母とそのいとこであるミスター・ディック(ヒュー・ローリー)と出会ったことで、デイヴィッドの人生は大きく変わっていきます。 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』は、2021年1月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテほか全国公開です。

17

本当にめまぐるしい展開について行くので精一杯だった。

20

さらに「007」シリーズ最新作の公開も控えるベン・ウィショーなど、現代にふさわしいダイバーシティなキャスティングによって、奇人変人を嬉々として演じる豪華アンサンブルは見逃せません。 特にジョークが大好きなイギリス人にとっては本映画『どん底作家の人生に幸あれ!』は納得の行く作品になっているようです。 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』の作品情報 【日本公開】 2021年(イギリス・アメリカ合作映画) 【監督】 アーマンド・イアヌッチ 【脚本】 アーマンド・イアヌッチ、サイモン・ブラックウェル 【キャスト】 デヴ・パテル、アナイリン・バーナード、デイジー・メイ・クーパー、ヒュー・ローリー、ピーター・キャパルディ、ロザリンド・エリーザー、ティルダ・スウィントン、ベン・ウィショー、モーフィッド・クラーク、ベネディクト・ウォン 【作品概要】 文豪チャールズ・ディケンズの半自伝的傑作小説『デイヴィッド・コパフィールド』を『スターリンの葬送狂騒曲』(2017)の鬼才アーマンド・イアヌッチ監督が映画化。

5

() - ロサリンド・イレアザル• - 脳内フル回転で観賞する。 ユーモアやウィットを含んでいたであろう会話も、雰囲気から察することはできますが、内容がなんだかよくわからないところが多く、あまり笑えませんでした。 そして成長したデイヴィッドが初めて恋に落ちる女性、ドーラは、愛犬・シップだけに心を許している世間知らずのお嬢様。

15

日本の作家に例えると夏目漱石クラスになるのではないでしょうか。 』 インド的な教育方法? 映画『ジョーカー』 アーサーの母親は間違いなく狂っていました 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』の作品情報 スタッフ・キャスト 監督 アーマンド・イアヌッチ 製作 ケビン・ローダー アーマンド・イアヌッチ 製作総指揮 ダニエル・バトセック オリー・マッデン サイモン・ブラックウェル ベン・ブラウニング グレン・バスナー クリストス・V・コンスタンタコプーロス 原作 チャールズ・ディケンズ 脚本 アーマンド・イアヌッチ サイモン・ブラックウェル 撮影 ザック・ニコルソン 美術 クリスティーナ・カサリ 衣装 スージー・ハーマン ロバート・ウォーリー 編集 ミック・オーズリー ピーター・ランバート 音楽 クリストファー・ウィリス デイヴィッド・コパフィールド(デブ・パテル) スティアフォース(アナイリン・バーナード) ミスター・ミコーバー(ピーター・キャパルディ) クララ・コパフィールド/トーラ・スペンロー(モーフィッド・クラーク) ベゴティ(デイジー・メイ・クーパー) アグネス(ロザリンド・エリーザー) ミスター・ディック(ヒュー・ローリー) ベッツイ・トロットウッド(ティルダ・スウィントン) ユライア・ヒープ(ベン・ウィショー) ポール・ホワイトハウス ミスター・ウィックフィールド(ベネディクト・ウォン) 2019年製作/120分/G/イギリス・アメリカ合作 原題:The Personal History of David Copperfield 配給:ギャガ. 監督は。 数年経ったある日、継父が突然、工場にやってきます。

1