郵便 引っ越し。 あたらしい町にも、しっかり届く安心。e転居

そのため、 旧居に宛てた郵便物は、そのまま旧居に届いてしまうのです。 郵便局の窓口で転居届用紙をもらいそのまま窓口へ出すことも可能です。 オンラインで手続きが完結する上に24時間いつでも申し込みできるため、非常に便利です。

3

よく読まれている人気記事はこちら 郵便局の転送サービス 引っ越しで行うのは、荷物を転居先へ移動させるだけではありません。 1 年以上転送を続けたかったら、転送期間内にもう一度同様の申し込みを行えば、 1 年間の 郵便 転送が行われます。 また、「転送不要」で送られた重要な通知が新居に届かないこともあります。

5

手続きが完了しているかどうかを、引っ越し前にチェックしておくと安心です。 局留めは手続きなしで利用できて、 うまく利用すれば自分の好きな時間に郵便物を取りに行けます。

18

このような事態にならないためにも、 引っ越しをする前に必ず郵便物の転送サービスを行うことが大切です。 第7条(本サイトの一時停止・中断) 次のいずれかに該当する場合、当社は、利用者に事前に予告することなく本サイトの全部又は一部を一時停止し、又は中断することができるものとし、これにより利用者に生じた責任等について、当社はその責任を一切負わないものとします。 ただし、入院中の親類の郵便物を代わりに受け取ることはできないそうです。

1

引っ越し日のギリギリで提出をした場合は、 数日間分が転送されなくなるので注意が必要です。 つまり、転送サービスを2回利用することで、最終的に現住所へ郵便物が届くようにするのです。 「転居届」の転居者氏名へ、引っ越す人間の名前を記入します。

14

実際に、私は引っ越しをするたびに郵便物の「転送サービス」を利用してきたのですが、そのときに感じたことと、友人の体験談も含めて、注意点について説明したいと思います。 」とされています。 引っ越しで銀行口座を解約する場合の手続きを忘れずに 使わない銀行口座は、必ず解約しておきましょう。

17