無 条件 降伏 と は。 日本が2度目の無条件降伏するまで核攻撃を行う : メモ・独り言のblog

・・・ 「昭和二三年政令第二〇一号違反被告事件」 また、普通の日本語で、『無条件降伏』とはどういう意味であるのか、三省堂の大辞林の説明は、以下のようになっています。 降伏文書では、天皇や日本国政府に対してポツダム宣言実施を命じているので、日本がポツダム宣言に違反することはできないけれど、 米国や中国にはポツダム宣言実施義務はないので、米中がポツダム宣言に違反しても、日本には交渉する権利がないことになる。 そこで、実際の交渉にあたってアメリカから日本に対しては、「無条件降伏」は、あくまでも「軍事的指導者の影響力が除去されること」であって、「日本国民の絶滅や奴隷化を意味するのではない」というメッセージを発していた。

8

天皇はこのあと、ポツダム宣言に加える条件を「国体護持」だけに絞るため東郷、木戸幸一内大臣たちとともに苦闘する。 第13条に「無条件降伏」という文言が使われていますが、日本政府は天皇制の維持を提案していて、これに対する連合国からの回答が無かったことから、第12条に含まれていると解釈して宣言を受け入れました。

5

日本の降伏が、無条件降伏でなかったのならば、何らかの降伏条件が有ったことになります。 また、降伏文書締結の翌日に出そうとしていた連合国最高司令官総司令部布告には次のように書かれていました。 各軍事使節ハ日本国ニ対スル将来ノ軍事行動ヲ協定セリ。

4

早稲田大学第一文学部卒業。

7

一方で、カイロ宣言が発表された1943年11月のカイロ会談では、無条件降伏を行うのがなのかなのかが議論され、この時は、無条件降伏を行うのは国家とされた。 条件は明示されることもある,つまり明確で直接的な言葉により表明される;また黙示されることもある,つまり間接的に表明されたり周囲の状況から暗示されたりする;また推定されることもある,つまり裁判によって強要されるのである。

17

以下の説明では、大辞林の[1]の意味での無条件降伏を、単に、無条件降伏と書きます。

20

『ポツダム宣言』 十三 吾等ハ 日本国政府ガ直ニ 全日本国軍隊ノ無条件降伏ヲ宣言シ且右行動ニ於ケル同政府ニ対ノ誠意ニ付 適当且充分ナル保障ヲ提供センコトヲ同政府ニ対シ要求ス右以外ノ日本国ノ選択ハ迅速且完全ナル壊滅アルノミトス 詰まり、「軍隊の無条件降伏」を日本が呑めば、連合国側は「適当且充分なる保障を(日本に)提供する」と条件を提示している訳です。 昭和21年元旦、昭和天皇は「年頭の詔書」(いわゆる人間宣言)を述べられた。

11