中島 みゆき サブスク。 音楽サブスクの2トップ、SpotifyとApple Musicのレコメンドシステムはどう違う?(1/3 ページ)

Apple Musicの場合、iTunes Store(iTunes Match含む)での販売実績が、レコメンドに大きく影響するとにらんでいる。

わずか2000曲強の楽曲を提供しているにすぎない筆者のレーベルにおいてすら、サブスクからの売上は、多少の凸凹は見られるものの、比較的安定的に推移している。 。

5

復活したからノットフェスぶちかますで。 解約の方法 解約の仕方もカンタンだ。

5

家事で手が塞がっているときや、寝起きでシャキッと目覚めたいときなんかに、手間をかけずに音楽を流すことができる。

メジャーなアーティストから初めて聞くような名前のアーティストがこの曲をカバーしていて、どれをも聴くことができる。 大手レーベルが数百万曲、数千万曲を取り扱っているのと比較すると、誤差の範囲内ともいえるカタログ数である。 タイトルの通り、私が勝手にランキングを付けたものですが、その時点でサブスク解禁していなかったアーティスト一覧は以下の通りです。

18

通常の音楽配信と違ってデータに圧縮をかけないため、ほとんどの曲でCD並みの高音質「HD」を実現。

3

好きな作品に関われることがただひたすら嬉しいです。 歌詞はインターネットで検索すればすぐに出て来る。 おそらくは自分の中にも上記の認識が宿っていることは否定できません。

まず考えられるのが、両プラットフォーム間でのレコメンドやプレイリストでの選曲の仕組みの違いであろう。 自分は好きな作品については購入し、また基本的に借りられる作品はレンタルして音源を手に入れますが、しかしながら先述したような「Break it down」失念問題が発生。 中島みゆきの曲で一番好きなのは「慟哭」かもしれない。

なんならその曲の発売日・タイアップ・動画など、あれもこれも出て来る。 Amazonプライム会員なら、月額780円で聴くことができる。