尿 沈殿 検査。 尿沈渣:評価

試験紙で検査しますが、いずれもヘモグロビンの反応を検出するようになっており、基本的には赤血球が尿に異常に出た場合に陽性となります。 高値…急性・慢性腎炎、腎不全、尿毒症、腎盂腎炎、腎臓結石、肝硬変、心不全など• 発熱や排尿・排便時の痛み、下腹の圧迫感、頻尿などがみられます。 そのため、PSP試験は尿細管の機能を知るために欠かせない検査となっています。

6

そのため、PSP試験は尿細管の機能を知るために欠かせない検査となっています。 尿タンパク 正常な尿にはタンパク質が出ることはありませんが、 腎臓の働きが悪くなると、身体に必要な成分であるタンパク質が腎臓で再吸収されずに、尿に混ざって出てきます。 異常な場合に疑われる病気• アシドーシスと判定された場合、 飢餓や 激しい、 発熱、 フェニルケトン尿症という病気などが考えられます。

16

また、クレアチニンは、筋肉の病気を調べるときにも検査されます。

12

結晶は尿酸などの成分が多いために固まってできます。 異常な場合に疑われる病気• 筋肉運動の代謝産物であるため、筋肉量に比例した量となります。 異常があったらどうするか? 乏尿や無尿は非常に危険な状態ですので、緊急入院による治療が必要となります。

20

膿瘍が小さい場合は抗菌剤で治療しますが、膿瘍が大きく症状が強い時には、外科的に体内にたまった尿を体外に抜くドレナージをして膿を除去することもあります。

12

4.尿路損傷 交通事故やスポーツ時の打撲・衝撃などで 尿路に傷を負うことです。

尿は、出始めと終わりを除いた中間尿を採取します。

13