ジャーマン ポテト 人気 レシピ。 【シェフ直伝】ジャーマンポテトのレシピ。じゃがいもはレンジより、水からゆでて焼くのが格段においしい!

酢を加えるのではなく、キャベツを塩で乳酸発酵させて作るのが特徴。

16

オリーブオイル…大さじ1• 20分ほどたったら取り出して、そのまま冷ます 「ゆで時間は個体差によるので、竹串や金串を刺して中まで火が通っているかを確認してください。 シンプルだけどプロのテクニックが詰まった絶品ビールのお供で、暑い夏を乗り切りましょう。 「にんにくはじゃがいもと一緒に食べてもらいたいので、じっくりローストしてやわらかく火を通していきます」 3. 仕上げにセロリと一緒にオイルでさっと炒めることで、香りよく仕上げます。

20

塩、粗挽き黒こしょう…各少々• 煮物やローストにおすすめ。 レシピ動画あります。 食材はじゃがいも、玉ねぎ、ベーコンを使っています。

11

ドイツ料理でもおなじみのキャベツの漬物、ザワークラウトを手軽に作る方法です。

1

パセリ、バターを加える。

。 皮をむいてしまうと、ゆで汁に糖が溶け出してしまうことに。 フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れ、弱火にかける 冷たいフライパンにオリーブオイル、にんにくを入れ、弱火にかける。

6

塩、こしょうをふり、パセリ、バターを加える 脂が全体にまわったら弱火にして、塩、粗挽きこしょうをふり、味をととのえる。 セロリ(薄切り)…40g• よく冷やしたビールと一緒に味わえば、至福のひとときを約束してくれます! ジャーマンポテトの付け合わせに!「フレッシュザワークラウトとセロリのソテー」のレシピ 最後に、ジャーマンポテトにぴったりな付け合わせのレシピを教えてもらいました。 粉ふきいもやポテトサラダなどに向いている。

16

ほくほく香ばしいじゃがいもが、にんにくの風味、ベーコンの塩気と相まって、止まらないおいしさです。

「一般的な調理法だと、先にベーコンを炒めてからじゃがいもを加えるレシピが多いと思いますが、その方法だとじゃがいもをしっかり焼くことができません。 水の量はゆでている間に水分が蒸発するので、じゃがいもの表面プラス2cmほどを目安にしてください」 2. つくれぽ 625|*ほくほくジャーマンポテト* じゃがいも、ベーコン、玉ねぎを使ったジャーマンポテト。 器に盛り、好みで粒マスタードを添えるとおいしいですよ」 じゃがいもの甘みが引き立つジャーマンポテトは、最強のビールのお供! こんがり焼き色のついた見た目が食欲をそそるジャーマンポテト。

13