マスク 未 着用 途中 降 機 乗客 実名。 マスク拒否男の名前はおくのじゅんや!顔画像やマスク拒否の理由を調査

ただ私の行動の何が安全阻害行為に当たるかはピーチからも示されていません。 ・コメント 「寝ている私が起きるくらいのかなり大きい声で揉めている。

<マスクしない男性の言い分の一部> 威嚇していない 声が人より大きいことがある 暴言や不規則発言は一切ない CAの声が聞き取りにくかった 権限逸脱の発言が乗務員責任者からあった 最大限に紳士的な受け答えをしていた 乗務員のマスクをめぐる対応は不快感を抱かせる 新潟県警に不退去罪には該当しないことは確認済み 事実に基づかない報道が散見 <ピーチの言い分の一部> 断続的に大声で客室乗務員の業務阻害 航空法第73条の3「安全阻害行為等」に該当 <他の乗客> あくまで該当機に同乗した一乗客の感想 機内後方で男性同士で揉めていた CAが仲裁に入った 「謝罪してください」「侮辱です」等の声 大声を出していた 子どもが大声に怖がっていた CAとかなり大きい声で揉めている マスクしない男が「お願いなら承ります」と繰り返し言っている CAさんの言葉遮って多分「まったく承ってない」 「触った!!身体に触ったぞ!!」とCAを威嚇. しかし、男性の主張としてはこれはピーチ社の見解であり、実際には大声も上げていない(地声が大きい?)など印象操作がなされていると主張しています。 私は飛行機から降りるつもりはありませんでしたが、事情の説明が長くなってしまうと思い、誤解を解くために自主的に機外に出ることにしました。 格安航空『ピーチ』も、そのような臨時の出費に対して損害賠償を請求することは妥当な気もしますね。

17

ピーチ機内で3か月前(2020年9月)にマスクを拒否して降機させられた男性が、 今度は長野県内のホテルでもトラブルとなり、 その経緯をブログなどで暴露した。 。 奥野は 逮捕の直前までTwitterを更新していたため、自分の逮捕を全く予見していなかったと思われます。

2

しかし、いずれにしろ、航空会社が訴訟に踏み切った場合、高額な賠償金を請求させることは間違いないでしょう。

9

— 秋田犬 こまち。 「私自身としては極めて正しい対応をしたと思っていますので、今回に関しましてはピーチさんに非があるということで、『お答えはノーです』とさせていただきました」(マスク着用を拒否した男性) またマスクの着用を拒否した理由が健康上の理由だったという報道もありますが、どのような健康上の理由だったのかは定かではありません。 間違った判断を謝罪して、マスクの着用は義務でないことや差別発言は許さないことをホームページに明記してほしいです。

14

「おくの」氏はマスク拒否を巡るトラブルの詳細をTwitter上で報告していますが、それとは別にブログも利用しています。 泣きそうなくらい悔しかったです。 声の大きさだけが問題にされている 5.乗務員の指示に従わず業務を妨害した、という指摘は当たらず ・このように認識されるのは、恣意的な判断 ・一部の「コックピット近くで詰め寄っている」という報道は印象操作 ・狭い機内ではCAの詰め所とコックピットの距離が近く、マスク越しの声が聞き取りづらかったことが誤解されている ・ピーチ航空と当事者である私との間で、事実認識が食い違っている ・当日も後日も、ピーチ航空からは十分な説明がされていない 6.退去命令の不存在と手続き上の瑕疵 かし ・「機長命令で退出させられた」という報道は誤り。

14

乗客の暴言も同じ。 客室乗務員が警告書を渡すと告げた際に「やれるものならやってみろ」と威嚇した• しかも常に持ち歩いています ちなみにマスクはいつもかばんの中に入れて持ち歩いています。 いったい、お騒がせはどこまで続くのでしょうか・・・?. そして新たに、このトラブルが発生した飛行機に乗っていた別の乗客が、そのときの状況をインターネット上に掲載し、注目を集めている。

10