アバウト ア ボーイ。 映画『アバウト・ア・ボーイ』ネタバレあらすじ結末と感想|映画ウォッチ

イエ子(以下・イ):無職といっても、お父さんがクリスマス・ソングを一発ヒットしたおかげで、優雅な印税生活を送っているんですよね。 マーカスは諦めずにウィルを尾行して自宅を突き止め、彼に子どもがいないことを知ります。 ふたりの出会いが出色。

19

イ:そうそう。

「シングルマザーなら別れる時の後腐れもなく、情熱的なラブ・アフェアを楽しめるだろう」という下心を持って、シングル・ペアレントの会SPATに参加する。 誰か教えて! というモラトリアムな30代は胸がチクリとするはずだ。 アバウト・ア・ボーイのネタバレあらすじ:承 12歳で男子中学生のマーカスは、うつ病で自殺癖のある母親のフィオナと暮らしていました。

マーカスは、家に戻った母親をたしなめた。 基本的な状況と人物の設定は映画と同じだが、もう少し複雑で深い物語になっている。

4

ウィルは大晦日のパーティーでシングルマザーのレイチェルに一目ぼれする。 ウィルはスージーたちと公園を歩きながら、自分が無職であることと父の印税で生活していることを打ち明けました。

イ:オープニングで家の中をぐるりと準備しながらまわるシーンが印象的でした、動線も便利そうです。

17