ライブ ハウス コロナ アーティスト。 コロナ禍で激変したライブエンタメ市場とオンラインライブの動向

配信やコンテンツを面白く変えていく仕組み作りとか、そういう時代に適したやり方を考えるいいきっかけになっているんじゃないかと思います。

13

「3月以降、開催できたライブはゼロ。 今後の状況次第では、その額は3300億円にまで膨れる可能性がある。

14

Yuto コロナウイルスがもし収束したとしても、この事態のなかで人々が重要だと気づいたことは変わらないと思っていて、元に戻るということはないと思います。 これが5月15日(金)に開設されます。 Yuto Uchino(The fin. |||. モチベーションのメリハリにもなるし、ライブのクオリティがすごく上がってくるんじゃないかと思いますね。

14

50-70%とも言われる3月の減収、4月の休業……。 販売中の楽曲は、その軌跡をたどっているようだといい「これを機にライブハウスを身近に感じてくれたら」と話す。 「札幌で閉店を発表したライブハウスがあり、同業者のあいだでは『ついにきたか』と話題になった。

ずっとレコーディングをしていたいみたいな人間なので、こだわって作られたものを聞くのが好きなんです。 KNNポール神田です。 特にライブハウスは感染源として真っ先に槍玉に挙げられ壊滅的な被害を受けており、存続すら危ぶまれる場所も生じてきています。

4

チャット機能もありますけど、みんなで参加しているという感覚にはならなくて、やっぱり寂しいですね。

6

ただ、配信の準備にかかる労力を考えると、売り上げとしては成り立ちません。 政府に対して自粛と補償はセットで、という声も叫ばれているが、一方で当事者たちはこの未曾有の事態に対峙しながら新たな活動へシフトし、動き出している。 ビートルズがライブ公演をやめ、アルバム制作に没頭した時期、こんな世界同時生配信が、テレビ衛星中継を使わずに、しかも個人課金の有料でできたならばどんな『ライブ』を演出したのだろうか…。

16

かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 そうなってくるとフィジカルよりも、デジタル上でガツンとインパクトのあるものを発信して、それを多言語でコンテンツ展開していくとか、そういうことが大事だと思います。

本来であれば現場スタッフへももっとお金を払う必要があるので。

3