クウシュウゴウ 意味。 【天国と地獄】第5話考察「∅クウシュウゴウ」と「サイコ」が表す意味は?|NATALOG

彩子と日高が入れ替わった時も日高がこの歩道橋で誰かを待っていた可能性があります。 最後に殺されるかもしれません。 日高の本当の父と兄・東朔也は、事業に失敗したため、東京から戻ってきて日高の近所に住んでいた。

15

それが陸の心の傷になり、証券会社をやめて便利屋になった。 性質 [ ]• 」 「クウシュウゴウ=十和田元の魂=八巻はあるかも。

12

ということは、クウシュウゴウの本名は東朔也で、今回殺害されたのがクウシュウゴウということでしょうか? でも、クウシュウゴウが殺人を犯してることを知っていて、彼を捕まえるために動いてる可能性もありますね。 空集合ね。

15

ネットでは陸や九十九を心配する声も。 きっと、入れ替わり直後に会ったその男には、外見が日高の東朔也は、「東朔也」だと名乗ってしまったのだと思う。

16

陸は、東朔也を以前から知っていて、多分証券会社時代に父親がらみで何かあったんじゃないか. 東朔也(あずまさくや)が真犯人? 朔の字は、朔望月、という言葉で月と繋がってる。 鹿児島県大島郡喜界町『鹿児島県喜界島昔話集』を参考にすると、喜界島の伝説であることがわかります。 日高<彩子>は八巻を連れてある歩道橋にきて、この歩道橋に彩子<日高>が来る可能性が高いことを八巻に説明します。

5時を過ぎた時計を見て、五木さんに『時間大丈夫ですか?お母さんなんですよね?』。

17