ハロン 消火 設備。 ハロゲン化物消火設備

ただし、消火の際(実際に火災だった場合)には、主に臭化水素やフッ化水素のような、毒性と刺激性を持った熱分解生成物が生じるリスクがあります。 ガス系消火設備は、消火の対象になる場所(部屋)に消火剤を放射する前に、自動閉鎖装置などにより密閉した区画を作り上げ、区画内の広さにあわせて計算された量の薬剤を放射します。

3

設置部分の面積、体積、用途(危険物、指定可燃物、火気設備等) (3)二次被害の防止• 本来、大切な人の命を火災から救う為に設置されている機器が、結果的に人の命を奪ってしまったことが残念でなりません。 ガス量• 電気式の容器弁開放装置• 変形、破損、脱落、接続部分の緩みなどがないか目視で確認します。

3

放出弁• 今回からハロゲン化物消火設備の点検要領についてお話させて頂きました。

13

ハロン消火設備につかわれているハロン1301は、そのなかでも臭素を含むもの。 スポンサーリンク 加圧式ハロゲン化物消火剤貯蔵容器等 消火剤貯蔵容器 周囲の状況 目視やJIS規格品の棒状温度計を使って以下を確認します。

14

写真の奥の扉の上部の黄色いプレートが「注意銘板」です また、容器弁は安全点検を必要とします。 例えば• 福岡市中央区天神1丁目付近にある商業ビルの地下3階にある駐車場で消火設備の点検を行っていたところ、誤ってハロゲン化物消火装置を作動させてしまい、不燃ガス(ハロン1301)が周囲に漏れ出した。

アルゴンは、大気中に窒素・酸素に次いで3番目に多く含まれている気体のこと。

11

適切であれば活用できるハロン1301。 ハロン1211、2402、1301を放射するハロゲン化物消火設備の場合は、注意書きシールが貼付されていることの有無を確認し、その結果を点検票の備考欄に記載する。 この部屋から、ボンベを積むトラックが停車できる場所までの動線によって作業の難易度が異なります。

クリティカルユースの要件を満たしているなら、上記でも紹介した消防環境ネットワークに連絡してハロン1301ガスの設置を依頼します。