瑠璃 色 の 地球 歌詞。 作詞家・松本隆さん『瑠璃色の地球』に「今こそ」思い込めて 歌唱動画を募集、SNSで反響

yoa ke no ko nai yoru ha na i sa anata ga poturi i u toudai no ta tu misaki de kura i umi wo mi te i ta naya n da hi mo aru kana simi ni kuzike sou na toki mo anata ga soko ni i ta kara i ki te ko rare ta asai ga suiheisen kara hikari no ya wo hana ti hutari wo tutu n de yuku no ruriiro no tikyuu na ki gao ga hohoe mi ni ka waru syunkan no namida wo sekai tyuu no hito tati ni sotto wakete age tai araso xtu te kizu tuke axtu tari zin ha yowa i mono ne da kedo ai suru tikara mo kitto aru hazu garasu no umi no mu kou ni ha hiro gari yuku ginga tikyuu to iu na no hune no dare mo ga tabibito hitotu sika nai watasi tati no hosi wo mamo ri tai asai ga suiheisen kara hikari no ya wo hana ti hutari wo tutu n de yuku no ruriiro no tikyuu ruriiro no tikyuu. 主人公は暗い海を見つめていることから、心に何か 不安を抱いているようです。 この歌には何か秘密がある…。

4

人には愛する力があるけれど… ガラス窓の下を見やると、碧い大海原は、三角形の黄色い大地に変わっています。 そして地球上に存在する誰もが、 人生を航海する旅人ということなのでしょう。

20

希望を信じて進めば必ず救われる道が拓ける 歌のテーマ「希望と救済」の底に流れているのは、個人を超える 地球規模の普遍的な愛の力だ(神の愛=アガペーに近い)。 「心配するな、歌はなくなりはしないから」と。 J-POPのトップアーティストから、高校生による合唱曲に至るまで、 20人を超える様々な歌い手によってカバーされてきたという事実。

6

長時間おつき合い頂いたが、以上が『瑠璃色の地球』の歌詞から生まれた仮想ストーリーだ。

12

楽曲のクライマックスでは「ひとつしかない私たちの星を守りたい」という歌詞が綴られています。 争い傷つけ合うことは、 もう止めて…! 人には互いに愛し合う力があるわ!愛のフォースを使えば、幸せになれるわ! ジェニファーは、力の限り叫んだつもりでしたが、遥か遠く離れた地上には届きませんでした…。

それを支えてくれるファンの人たちにも、歌ってくれた人、演奏してくれた人、いろんな人たちに感謝しています。

1

かけがえのない星のあげる悲鳴に、一人一人が意識をもって向き合う必要があると思います。 ハズが、ぽつりと口にします。

17

2番とサビの歌詞の意味 救済の喜びを万人と分かち合う「 他愛」に転嫁させることで、(事故が起こっていなければ)宇宙から見たであろう地球と、そこで生きる全ての人々への「 全体愛」(=神の愛)にまで昇華している。

9