奥様 は 魔女 映画。 往年の人気ドラマシリーズ『奥様は魔女』再び映画化へ(クランクイン!)

また、日本でも2004年にリメイクドラマ『奥さまは魔女』(TBS系)が放送された。 作品としては小品でも、クレール監督の粋なタッチとヴェロニカ・レイクの美しさと魅力に乾杯! 1997年 2月28日 衛星第2• 魔女であることを隠そうとするも、サマンサの親戚が突然現れたりとトラブルが次々巻き起こる人気ドラマ。

、稲妻が木を割ったためにジェニファーとダニエルは自由の身となる。 が製作し、に売却された後に公開された。

1964年から72年に掛けてアメリカで放送されたシチュエーション・コメディーシリーズ『奥様は魔女』が、ソニー・ピクチャーズにて再び映画化されることが明らかになった。 「明日を知った男」と共にクレールの楽しいアメリカ映画。

7

「僕が跳びはねる理由」 C 2020 The Reason I Jump Limited, Vulcan Productions, Inc. 50点となっている。

17

知事選立候補の主人公ウォレスを勝たせようとする魔法の力は、競合候補者にも及び、本人が有ろうことか嬉々としてウォレスに投票することに。

当主ウォレス・ウォーリー(フレドリック・マーチ)は州知事選挙に打って出ようとする新進政治家、新聞社長の娘エステル(スーザン・ヘイワード)と婚約の間柄であったが、魔女ジェニファー(ヴェロニカ・レイク)は父ダニエル(セシル・ケラウェイ)の命令で彼に魔法をかけるため、箒にまたがって彼に近づいた。 ジャック役には、サタデーナイト・ライブ出身のウィル・フェレル。

ルネ・クレールの演出は流石にテンポ良く、語り口の上手さはこのアメリカ映画でも充分認められた。 主人公は、テレビで魔女サマンサ役を演じる『本物の』魔女、イザベル。 ジェニファーと父ダニエルは火あぶりとなり、その灰が木の下に埋められ封じ込められる。

16

キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹き替え テレビ版 版 ウォレス ジェニファー ダドリー () エステル ダニエル エステルの父• 解説 フランスから英国を経て渡米したルネ・クレールの「焔の女」に次ぐ1942年作品。

3