玉城 デニー フジ ロック。 『フジロック』に沖縄県知事が出演するワケとは?

この県民投票を行われる前に、土砂の投入が行われた。

17

玉城知事は父親が米兵だったことなど自身のルーツにも触れながら「(沖縄に)米軍基地があり続けている環境が、戦後74年、日本本土への復帰から47年たっても変わっていない」と強調。

18

沖縄県民の方々はよくくじけずにそれでも投票行くなと言うに思うんですが、そうした無力感というものが結局、政治からの距離をとってしまいかねないと。 近年では、ジャーナリストの津田大介氏をMCに、エネルギー問題はもちろん、安保法制や言論の自由など、あらゆる社会問題にコミットする場として定着しています。

1

28 「フジロック」の取り組みと社会的ムーブメントとの関わり 1997年の初開催以来、フジロックは「自然との共生」をかかげ、自然環境や社会の課題を考えるキッカケを提供しています。

5

基地問題がでは沖縄だけの問題なのか、秋田だけの問題なのかという安全保障全体を国民の皆さんで本来なら考えなければいけないことなんです。 いろんな情報に疲れて、思考停止になるのが一番よくないと思う」と話した。 7月26日(金) 初日のトークテーマは「沖縄」です。

その満員の皆さんが静かに聞いてくださってヤジひとつないんです。 問題を起こした人物が関係しているから「作品」を葬むるという日本独特の慣習について「表現とは何か?」「作品とは何か?」という問題を含めて、取り上げていきたいと思います。 ライブステージには、アコースティック編成でORANGE RANGEが登場します。

16

私の知り合いからですね、今年はthe Atomic cafe という割と社会的なその問題について取り上げるはステージがあるので、そこで今年は沖縄について、知ろう・語ろうというテーマにしたいんだと。 玉城知事は父親が米兵だったことなど自身のルーツにも触れながら「(沖縄に)米軍基地があり続けている環境が、戦後74年、日本本土への復帰から47年たっても変わっていない」と強調。

20