緊急 事態 宣言 延長 飲食 店。 緊急事態宣言延長「本当につらい」 後手の対策に飲食店から憤りの声

「それなら路上飲みも処罰を設けるべきでしょう。

19

通りに面した1階店舗で堂々とアルコールを出すのは、もはやレアではない。

8

休業も考えましたが、お世話になっている取引業者や店の従業員の生活もある。 一般的に飲食店の利益率は1割程度と言われているが、仮に一日あたり4万円の利益が残る場合の売り上げは一日40万円、月に1,000万円ほど売り上げる店となり、個人店としてはかなりの売り上げを持つと言って良いだろう。 第3波では、年末にはじめて1000人を超えた1週間後には過去最多の2520人となった。そこに変異ウイルスという脅威が加わり、専門家は、第3波を超える急激な感染拡大が危惧されると繰り返し強く指摘している。

16

この一年余り、飲食店は度重なる「時短営業」や、実質的な「酒類販売禁止」要請で大打撃を受け続けている。 (吉備土手下麦酒 永原康史統括責任者) 「ある程度感染者が下がったところで解除するのではなくしっかり感染者を抑えた後に酒類の提供を再開できたら。

2

また、首都圏3県などに適用されている「まん延防止等重点措置」も期限を今月31日まで延長し、北海道、岐阜県、三重県を9日から新たに追加。 また、県有施設の休館・休止なども継続します。 何が何でも開催したいというのであれば、まずは国民のコロナ対策の具体例を説明し漏れることなく、実行できるようにするためにどう行動するかが最優先させるべきことだと思う。

9

危険な状態でも搬送先が数時間見つからないことも多く、「誰も死なないよう毎日祈っていた」と振り返る。