水戸 ホーリー ホック。 【水戸】「代表取締役社長交代についての記者会見全文 沼田邦郎前社長『新しい水戸ホーリーホックを、新しい力で作っていってもらいたい』 小島耕新社長『日本に誇れるクラブ、アジアに出ていけるクラブになる』」

私は43歳で社長に就任して12年間務めてきました。

茨城交通では、水戸ホーリーホックのトップチームやユース・ジュニアユースチームの試合・練習等におけるバス輸送を担当。 なので、若い人たちがその経験をできれば、もっと大きな力になると思ったんです。

14

1997年 - 1998年(旧JFL) [ ] 1997年 [ ] 水戸ホーリーホックとして初の公式戦は1997年、旧JFL開幕戦の戦()で、0-2で敗戦。 その他新卒3名が新加入した。

3

また、試合やイベント会場でも、痛々しい姿を指摘する子どもたちの声もあった。 その後、日立での試合開催は2007年の1試合(戦)まで行われなかった。 そこは社員のみんなと話し合っているところです」 Q. まだ道半ばではありますが、辞任する理由につきましては、昨年4月から小島が非常勤の取締役となり、9月には常勤取締役となり、事業と運営を任せてきました。

10

しかし、増えたとは言っても水戸の観客動員数はJ2最低で、平均の約4割にとどまっていたため、更なる努力が求められた。 またスタジアムの場内演出はの学生によるボランティアで運営されており 、寺田のDJ活動も2003年の同大在学時からの無報酬ボランティアである。 2009年 クラブスローガン【 前へ。

8

がレンタル移籍先のJFL・、がレンタル移籍先の、がへ完全移籍、、のレンタル移籍期間満了などで10名が退団した。 2011年 [ ] チームスローガン: かけろ。 この季節、屋外作業がいい感じです。

12

観客動員 [ ] Jリーグ加盟初年から長らく集客で苦戦が続き、特に2005年から2009年まで5年連続で動員数リーグ最下位を記録するなど、2010年までの年間観客動員数はリーグ下位2位以内が定位置であった。

12

2007年 [ ] チームスローガン: Believe in Myself あきらめない 前田体制5年目。 この状況に対し、クラブ株主の過半数から小林の経営責任を問う声が上がり4月23日付でが社長に就任した。