みるく ふぁ く と りー。 京都・丹後ジャージー牧場 ミルク工房そら

この思想にミロク信仰がとりいれられ、ミロクは年に一度、東方の海上から五穀の種を積み ミルク世をのせた神船に乗ってやってきて豊穣をもたらす来訪神「ミルク」であるという信仰が成立しました。

20

さて、このユーモラスなミルクの仮面ですが、台湾やベトナムでもこの仮面を見ることができます。

この行列の際 「赤田首里殿内」という歌が歌われます。 施設内での飲酒、喫煙はお断りしております。

15

一方、ベトナムに行った知人もミルクの仮面を見たといっていました。

11

彼(ら)は大きな腹をし、大きな布袋をかついで杖をつき、各地を放浪したといわれています。 食品工場のため、安全衛生上、体調のすぐれない方 発熱、下痢、咳など は見学をご遠慮いただく場合があります。

5

これは、ミルクの渡来伝承と深い係わりがあるのではないでしょうか。 その際当地の豊年祭で祀られていたミルクに感激し、仮面と衣装を譲り受けたといいます。

14