新生児 メレナ。 新生児メレナとは?ビタミンKの不足で吐血や血便が!

1983年から米国ペンシルバニア病院、米国ジョンズホプキンス大学勤務、1990年から杏林大学医学部産婦人科助教授を経て、1995年から慶應義塾大学医学部産婦人科教授に。 最近は、SNSが問題に絡まったり、多様な側面から付き合い方が難しくなってきているようです。 ところが、厳密にいうと、人間はビタミンKを自分でつくることができません。

5

現在はこの予防法で新生児メレナの発症は減少しています。 近年では、病院で行われる予防から、新生児メレナの発症は稀となっていますが、以前では、稀に命を落とすこともあったようです。 どんな種類のおむつをいつからいつまで使えるのか、おむつを選ぶ時のポイントやおすすめのタイプなどをご紹介します。

8

書体やデザインなども選べるのがうれしいポイント。

5

育児が始まって、赤ちゃんのちょっとした変化を見ては、一喜一憂しているのではないでしょうか?そんなときに、生まれたばかりの赤ちゃんが血を吐いたり、血が混ざったうんちをしたりすると心配ですよね。 でも、「いつからいつまで使えるの?」「それって必要なの?」と疑問に思っているママやパパもいるのではないでしょうか。 新生児メレナの治療 新生児メレナの治療法は、ビタミンK2の投与で不足分を補う事です。

14

重度の場合は、血腫を取り除く手術を行います。 また、一体型おむつもボタンやスナップの位置を調整することで、同じように長い期間の使用が可能です。

4

吐血や便の血液を検査して成人のヘモグロビンならば仮性メレナ、治療は特に必要なし。 同時に真っ赤な便や黒っぽく粘り気のあるタール便が出ることもあります。 羊水の量や胎便の量でその濃さは変わります。

15

ビタミンKには血を止める作用があるため、不足すると出血しやすく、血液が固まるのに時間がかかります。 24時間、365日OKです。 これによって新生児のビタミンK不足が補われ、新生児メレナの予防になります。

その効果で、新生児メレナの発症数はかなり減少しています。 また、エコで経済的な布おむつを愛用しているママやパパも多くいます。

3