小椋 佳 愛 燦燦。 シンガーソングライター小椋佳、話すように歌う「愛燦燦」

デビュー40週年がこれでいよいよ華やかになるだかもしれない、境はそう思った。 5リットルのボトルが1日半でなくなるという。 末の『』等、数々の音楽賞でグランプリを獲得。

1

1 「」 鉄道100周年を記念して系列で放送された同名ドラマの主題歌。 25 「朝焼けのサガポー」 日本テレビ系『』エンディングテーマ。 」 —星勝 「 (『残された憧憬』以後)小椋佳と星勝は切っても切れない関係。

ポッと出の新人なら当時LP一枚の制作費250万円程度が相場だったのに、多賀は部長と喧嘩して500万円を使わせた。 日本テレビ系年末大型時代劇『』主題歌。 滅多に男性歌手のコンサートには行かない私だが、今年中に必ず観に行きたいと思った。

14

あの橋を越え あの坂を越え 千代田区立昌平小学校校歌。 ぜひ聴いてみてください」と教えてくださった。 銀行マンとして証券部証券企画次長、支店長 、本店財務サービス部長などを歴任する傍らで音楽活動を行ってきた。

『揺れるまなざし』はCMソングの先駆けになった。 25 「かなうなら夢のまヽで」 東映配給映画『』主題歌。

1971年のデビュー以来、日本を代表するヒットメーカーとして数多くの楽曲を世に送り出してきた。 日本テレビ系年末大型時代劇『』主題歌。 18 闌 ベスト・アルバム/コンピレーション リリース日 タイトル 備考 1978. 小椋佳 言葉ある風景()• 1999. 1 ほんの二つで死んでゆく 『』や『』で歌われた「」のが収録されている。

15

「とんでもありません。

1

1980. のヒット曲で小椋・堀内コンビの作品では最大のヒット曲。

17