トップ ナイフ ロケ 地。 門司区は映画などの撮影名所(ロケ地紹介)

注)このページでは出演者などの敬称は省略しています。 リン校長の事件の捜査のため病院を訪れたチー・ジェンは、病院から出ていくウーの姿を目撃する。 注)写真で紹介しているロケ地は一部であり、作品により他にも区内のロケ地があります。

話を聞くため、スーパーへ同行すると、そこにはルー・リーもウーを追ってやってきていた。 ウーの家族全員が殺された6年前の事件が、いま再び浮かび上がる。 門司区では映画などの撮影(ロケ)が数多く行われています 北九州市では、北九州フィルム・コミッションの取り組みにより、毎年、何本もの映画やドラマのロケが行われ、「映画の街・北九州」として知られるようになってきています。

2

しかし、ルー・リーは再び窮地に追い込まれ…。

ルー・リーがウーを探して店内を回っていると、ある人物の遺体を発見する。 。 その舞台となった場所を紹介します。

ルー・リーの元妻のウー・ウェンシュエンはここの卒業生で、ルー・リーもリン校長と面識があった。 しかしリン校長、チャン看護師、そしてチャオおばさんの3人の死もまたウー・ウェンシュエンの犯行だったのか…。

注)北九州フィルム・コミッションとは・・・北九州市へのロケ誘致や撮影支援を行う組織です。 ルー・リーもまた今回の連続殺人がウーの犯行ではないと信じ、ワンを追っていたはずが、そこに現れたのは…。

15