貨物 ちゃんねる ef66。 ♨貨物 ちゃんねる ef66

一部の車両は検査出場時に台車・床下機器がグレーに塗装されている。 11 JR貨物 99レ・コンテナ列車 辻堂-茅ヶ崎〔JR東日本 東海道本線〕 2021. 最終的に、前面塗り分け位置のみを更新前と同じ位置にまで上昇させ、ナンバープレートの位置は更新前と同じとした。

EF66 これによって本来1週間前後かかる施行期間が2日ですみ、稼働率を向上させられた。 JR移行後の増発に対応するためされたで、1989年から1991年にかけてで33両 が製作された。 その他• 転属後も引き続き東海道・山陽本線の貨物列車に使用された。

2

で貨物列車を牽引するEF66 27 (2017年7月) 基本情報 運用者 製造所 製造年 1968年 - 1974年 1989年 - 1991年 製造数 89両 主要諸元 Bo - Bo - Bo 1,067 mm 1,500 V () 全長 18,200 mm 全幅 2,800 mm 全高 3,872 mm 機関車重量 100. railf. そのため運用状況表に登録されていなければ、実際に運用されていても表示されません。

13

コンテナが特徴的な一方で機関車次位が空という日もある列車ですので、コンスタントな記録が大事ですね。 前方視界の改善のため、正面窓の桟を外側に移動 また、EF66 16以降は車体肩部分の主抵抗器排熱口が2分割から4分割に、EF66 18以降は抵抗バーニア制御器がCS27AからCS27Bに、界磁制御器がCS28AからCS28Bに変更された。

4

運用状況表• 保存機 [ ] EF66形静態保存機一覧 画像 番号 所在地 備考 EF66 11 3丁目47 JR貨物で廃車後、2004年から2006年にかけて広島車両所公開イベントで展示されていたが、展示用としてJR東日本に譲渡。 29 JR貨物 1097レ・コンテナ列車 辻堂-茅ヶ崎〔JR東日本 東海道本線〕 EF66 27は,現役唯一のEF66 0番台です。 そのため運用状況表に登録されていなければ、実際に運用されていても表示されません。

16

(平成30年)3月のダイヤ改正時点では東海道本線、山陽本線幡生駅以東区間、越谷貨物ターミナル駅以西で運用されていた。

16