インド 14 歳 少年。 【翻訳】インドのコロナを予言した少年アビギャ・アナンドとは【変異種、スーパーバグ】

このビデオの中では、この災いについては、神への信仰が、その解決策だとも言っていますね。

経済や航空関係など様々な分野で困難が発生 世界各国で渡航禁止令が発令されたことにより、経済が止まってしまい様々な困難が発生しています。 しかしそれでも再生回数は伸びており、その影響力を利用して YouTube動画の使用料金は1回 15万円とのことです! マツコの知らない世界では、アビギャ・アナンドくんの住む町全で「アナンドくんフィーバー」が起きており、大金が動く「予言ビジネス」が始まりつつあるのでは…といった内容で放送されていました。

インド都市部でも大学の初任給が月額40,000円ほどにも関わらず、この鑑定料は破格ですね。

2

なので、2020年12月の占いもまた当たるのでは?と思ってしまいます。 世界的に注目のニュースが報道され、コロナがこのまま徐々に収束に向かうと思われましたが、2020年12月20日に新型コロナウイルスの変異種がイギリスで発見されています。

4

こちらの作業こそ、イノベーションには必要なものだ。

また、人類は最終的にワクチンを開発するかもしれないが、今後、また別の種類のウイルスがやって来て、どんな抗生物質も効かないスーパーバグ(超多剤耐性菌)が現れるとも語っています。

2

恋愛、仕事、人間関係など、お悩みのこと、何でも占い、カウンセリング致します。

13

どちらも 「教えられたことには従順」である。

4

確認メールが届かない場合、ご記入のメールアドレスが正しくない場合がございます。 政府調査によれば、未成年女子よりも未成年男子の方が被害に遭遇する可能性が高いことが明らかになっている。 でも、ごくあっさりとですが、伝染病が世界的に広まる可能性についても言及していたことになり、やはり、すごいことですね。

3