エクス センス dc ss。 :[D]

ギアボックス側サイドプレートはアルミ、パーミングカップ側は高強度樹脂のようです。

6

リールのエクスセンスと同様に 謎の強化プラスチック的な素材でできているので傷がかなりつきにくいのが特徴です。 要所では橋脚の下にぶち込んだり、捨て石に細かくキャストしたりもしています。

13

アルミ製のためかスプール重量は重め 自重:20. もう少し軽いことに期待していたのですが、下位の「SLX DC」とほとんど変わりません。 下手に金属のラウンドノブにすると、キャスト時のクラッチ返りを起こしかねないので、軽くてボリュームの出せるEVAは実用的。 PE1,5号で平均40~50mほど飛びます。

その他に見落としがちですが 錆の原因については水洗いが原因と想定しており 水洗い後、内部に水が混入し乾燥していないため 錆が発生したと想定しています。 長い目でみても歯数の少ないHGの方が耐久性も上なので無難にHGを選びました。 そんなゲームを思いを抱くのは、私だけではないはずだ。

7

ナロースプールは、ラインの放出が非常に良く、キャストフィールが良くなります。 2号以上を使いたい!極端に細い糸はNG シーバスゲームにおけるベイトリールの利点は先述でも挙げさせていただきましたが、もっと根本的な部分としては スピニングより太い糸が使えることにあります。 PE2号180m設定のラインキャパ• ボリュームはあるものの、横幅はさほど変わらず、特別大きいというわけではありません。

ラインはリールと同じく今年の新製品である「 ピットブル8+(シマノ)」の1. 空気抵抗が大きいミノー• スプールでラインが滑っていることも考えられますが、 ドラグ音がするということは滑っているわけではなさそうです。 1にすればより遠投しやすくなり、3だと距離が出ない分バックラッシュしにくくなります。 幸い時合いにあたりバイトは多くあったので、途中からスプールを指で押さえながらフッキングって形で対応することはできました。

Fluoro Line Spool lb-m : 12-130, 14-95, 16-85• 河口だと割と小型なルアーを使用することも多いですがその場合はスピニングでやるのでエクスセンスDCの出番はありません。

7

Contents• 注油などで幾分マシになりましたが、正直ベイトリールってスピニングより巻き心地良かったりするんで、あまり当てになりませんね。 (XHモデルはもう少し長いハンドルになります) EVAノブは見た目あまり好みではありませんが、握りやすく実用性は高いです。

6