自然 免疫 と 獲得 免疫 の 違い。 獲得免疫と自然免疫

生体防御の最前線に位置している仕組みともいえます。 T細胞は「ヘルパーT細胞」「キラーT細胞「サプレッサーT細胞」に分類される。

1 特異性と多様性:病原体は無数に存在しますが、生体はそれら全てに対してそれぞれに特異的に反応できる分子を持ちます。 また、マクロファージがヘルパーT細胞に情報を伝える際に重要な役割を担っているのが 樹状細胞です。

このように一度感染した病原体(抗原)を記憶し、同じものには再び感染しないように、この記憶された病原体だけを特異的に排除・処理しようとする防御機構です。

1

加齢と免疫の関係 人間は加齢に伴い免疫力が低下すると言われていますが、何故でしょうか。 たとえば、はしかなどのウイルス性の病気に一度感染して回復すると、体内に抗体ができ、同じ病気にはかかりにくくなりますが、これも免疫の役割のひとつです。

15

また、マクロファージは敵を酵素で溶かすのだが、好中球は活性酸素も使って溶かす。 また、 液性免疫で産生される抗体は、細胞外の異物に対して働くものなので、ブドウ球菌や連鎖球菌といった細胞外寄生菌などに有効です。

昭和伊南総合病院健診センター長 〈目次〉• また、キラーT細胞やNK細胞が正常な細胞を攻撃するのを防ぎ、適切な時期に免疫反応が止まるよう、制御性T細胞も働きます。 そこで活躍してくれるのが獲得免疫です。

8

免疫細胞は一度体内に侵入した病原体の情報を記憶し、抗体を作ることで再発症を防ぐことができます。 それぞれの特徴や違いについて、くわしく見ていきましょう。

10