いか の おすし。 兵庫県警察-子どもが犯罪被害に遭わないために

車 ( くるま )に 近 ( ちか )づかないようにしましょう。

6

。 車に乗せてしまえば、周りに知られることなく、すばやく現場を離れることができるからです。

14

1112• 「す」は、あぶないと思ったらその場から「す」ぐに逃げることです。

17

知 ( し )らない 人 ( ひと )から 電話 ( でんわ )がかかってきたとき• できるだけ、 友達 ( ともだち )などと 一緒 ( いっしょ )に 登下校 ( とうげこう )し、 一人 ( ひとり )にならないようにしましょう。 15分• とにかく、 大 ( おお )きな 声 ( こえ )で 助 ( たす )けを 呼 ( よ )ぶか 防犯 ( ぼうはん )ブザーを 鳴 ( な )らし、 全力 ( ぜんりょく )で 走 ( はし )って 逃 ( に )げましょう。 この事件をきっかけに、子どもが犯罪被害に巻き込まれないための標語を作ろうということになり、警視庁と東京都教育庁によって「いかのおすし」が誕生しました。

19

学校などの教育施設に限らず、いかなる場所でも子どもたちは守られるべき存在といえます。

20

1557• 「いかのおすし」の意味とは? 防犯標語「いかのおすし」は防犯上有効な5つの行動指針について、子どもが容易に思い出せるような形で構成されている点に特徴があります。 地震・津波の避難時の標語、「おかしも」、または、「おはしも」。

14

3841 長芋 しょうゆ 片栗粉 揚げ油 マヨネーズ 柚子こしょう• 近 ( ちか )くの 店 ( みせ )、 子 ( こ )どもを 守 ( まも )る110 番 ( ばん )の 家 ( いえ )や、 交番 ( こうばん )に 駆 ( か )け 込 ( こ )みましょう。 「 車 ( くるま )に 乗 ( の )って 道 ( みち )を 案内 ( あんない )して」と 言 ( い )われても、「 大人 ( おとな )の 人 ( ひと )に 聞 ( き )いてください」などと 断 ( ことわ )りましょう。

6

車 ( くるま )はバックが 苦手 ( にがて )です。

4

春きゃべつとにんじんは太めに千切りにし、塩小さじ1を振ってもみ、10分ほどなじませてから水気を絞り、紅しょうがを加えて混ぜる。 塩 小さじ1• 店内は、急な階段があり、商品を掛けるフックもいたるところに出ておりまして、お子様にとって、大変危険です。

3