ミロ の ヴィーナス。 ミロのヴィーナス

(笑) お読みいただきまして ありがとうございました。 心を捉えて離さなかった。

12

ここまで読んで頂いてありがとうございました。 この性質は、実は西洋の様々な美術や建築にも同様にあらわれている。 o 彼は すでに33歳ですが ずっと若く。

ミロのヴィーナスは、にであったヨルゴス・ケントロタス(Yorgos Kentrotas)によって統治下のエーゲ海にあるで発見された。 関連項目 [編集 ]• 管理人が違和感を覚えるのが首の太さです。

18

作者は頃に活動していた彫刻家、と考えられているが、彼の生涯については殆ど分かってない。 この逸話、チラッと Google Books で検索した限りではあるが、あまり学術書には出てこず、ガイドブックなどで「伝説によると〜」「伝統では〜」といった枕詞とともに登場する。 この「不完全だから美しい」という価値観、いったいどこから出てきたんだ? また別の機会に東京芸大の研究室の学生さんたちと一緒に食事をした際、《ベルヴェデーレのアポロン》について面白い話を聞いた。

10

館内マップをもらっておくのが一番安全ですが、自分がどこにいるのかを考えておくとスムーズに回れます 参考文献 『西洋美術101鑑賞ガイドブック』 神林恒道、新関伸也編 非常に読みやすい本なので、興味を持った方は読んでみて下さい。 クオリティーの点では、さきの《サモトラケのニケ》のほうがずっと上でしょう。

この像の失われた両腕はどんなポーズだったのか。 カテゴリー• ミロのヴィーナス像は、競技場を見下ろす位置に設置されていたようです。 第一段落 ミロのヴィーナスを眺めながら、〜たとえ、それがどんなにみごとな二本の腕であるとしても。

11

ルーブル美術館、Wikipediaより引用 こちらから見て、右にあるのがドノン翼、左手がリシュリュー翼。 管理人はルーヴル美術館で本物を見たことがあります。