プレ オープン。 ビジネス文書の書き方

開店にかかわっている人 店舗をオープンさせるまでには、商品開発や店舗レイアウト、内装デザイン等で大勢の人がかかわっているはずです。

足りない部分を仕上げるために、協力者になってもらいたかったのです。 スタッフ内でお客様役とスタッフ役に分かれ、何度かロールプレイングを行うのもいいでしょう。 特にグランドオープン後は混雑し、想定より忙しい状況になるかもしれません。

ご本人も準備に準備を重ねてやっと迎えたオープン日、皆さんに自分のお店を見てもらいたいという気持ちで溢れています。 何よりも大切なことは、プレオープン後は必ず2〜3時間程度の時間をとって、スタッフと一緒に問題点の洗い出しと改善策を検討する反省会を開きましょう。

しかし、プレオープンの段取りがよく分からなかったり、無駄に終わってしまうのではないかという心配もあるでしょう。

12

さいごに簡単にまとめておきます。 力を入れたのは、 招待客からアドバイスをもらう空気づくり。 「特に知名度は無いけど味には絶対の自信がある」という場合は試してみる価値はあります。

結論からいうと、 お祝いのお花はオープンの前日に届くようお花を手配するのがおすすめです。 近隣の住民の方を招待すれば、口コミの力で地域内に多大な宣伝効果が生み出されます。

そのため本営業の数日~一週間前までに設定しておきましょう。 具体的な目的には 1接客のシミュレーション、2設備・備品の確認、3お店の宣伝 が挙げられます。 お付き合いがそこまで深くない相手なら、直接コンタクトをとることで逆に気をつかわせてしまうこともあります。

15

プレオープンで期待できる効果 プレオープンを企画することで、3つの効果を期待することができます。 いずれにせよ「自分が何を聞きたいのか?」を明確にして、お客様に意図通りに答えてもらえるよう心掛けましょう。

プレオープンにある程度の費用をかけることは必要ですが、かけすぎてしまうと開業資金の圧迫にもつながってしまいます。

20